恋愛結婚は離婚率が高いのは何故ですか

一般的に恋愛結婚は相思相愛で結婚して幸せなイメージがあります。が意外にも離婚率が高いそうです。

日本人の離婚率は30%ですが、そのうちお見合い結婚の離婚率が約10%に対し、恋愛結婚の離婚率が40%とも言われています。

この差は何なのか?恋愛結婚は離婚率が高いその理由に迫ります。

スポンサーリンク

恋愛結婚はお互いが納得できていない?

気持ちだけの恋愛結婚はお見合い結婚に比べると離婚率が高いそうです。

お見合いして結婚する場合には、お見合い期間中にお互いに結婚相手としてふさわしいかを確かめ合います。相手の性格や外見だけでなく、収入や職業、学歴なども選ぶでしょう。

また、お付き合いを始めて早い段階で親が絡んでくる場合も多く、親との関係性も含めて納得しているため、結婚後にもめることが少ないと考えられます。
結婚前からお互いの結婚後の生活について話し合う機会も多いでしょう。

  • 「子供は欲しいのか、欲しくないのか?欲しいなら何人か。」
  • 「どこに住むか?職場の近くに住むか、実家の近くに住むか。」
  • 「共働きなのか、どちらかが仕事をやめるのか。」

など。これらは結婚して共に暮らしていくにはどれも避けては通れない条件です。

06726aad52950eab9d85e10fd0e22017-266x300 恋愛結婚は離婚率が高いのは何故ですか

一方で恋愛結婚は、相手を好きになるところから始まり、自然な流れで結婚に至るので、結婚相手としてふさわしいかどうかを吟味する機会がないかもしれません。

もしかしたら、結婚した途端に、相手に対してこんなはずじゃなかったと思い、現実を直視しなければならなくなるのかもしれませんね。

冷静でないと現実が見えない

恋愛結婚はお見合いに比べると結婚年齢は若くなります。結婚年齢が若いとどうしても冷静に判断できないことがあります。

お互い本当に好きで「勢いだけで結婚した!」ということも十分にあり得ます。一方、独身の頃十分に遊んで、お互いに落ち着いてからお見合いしたという夫婦はあまり熱くありすぎず、一緒に暮らし始めてから徐々にお互いを好きになっていく人も多いようです。

スポンサーリンク

大恋愛中のカップルは突き進んでしまい、周りが見えなくなってしまうこともあります。
特に育ちや性格が正反対の場合やお互いにないものを持っている場合は強く惹かれ合うことが多いようです。

ただこの場合には、結婚してから現実を知らされることになります。お互いのすべてを短期間で知り尽くしてしまい、結婚して急に気持ちが冷めて燃え尽き症候群のような状態になるのかもしれません。

大恋愛の相手は結婚には向いていないのかもしれませんね。盛り上がっているときにでも冷静な目で相手を見極める余裕があるといいですね。

幸せな結婚生活を送るために

結婚するには、性格の相性が大切ですが、それだけでは結婚は成り立ちません。生活していくにはある程度の収入が必要ですし、男性も女性も時代とともに相手に求める条件も変わってきています。

最近では共働きの家庭も増え、男性の職場が育児に参加しやすい雰囲気かどうかを重要視している女性も多いようです。自分が重要視する条件をしっかりと自覚した上で、相手を選び、幸せな結婚生活を送りたいですね。

そして結婚したら、恋愛結婚、お見合い結婚に関わらず、お互いの違いを認め合いながらも、夫婦で共同して生活を送ることを大切にしてください。そのためにはお互いに普段のコミュニケーションを欠かさないようにしましょう。

スポンサーリンク

    スポンサーリンク

    コメントを残す