花粉症ですがメガネの効果ってあるのですか?

早や花粉の飛散に備える時期になっているようですね。

2月くらいになれば、スギの花粉が飛散し始めます。それに合わせてマスクの他に、花粉症メガネを掛ける人が増えてきます。このメガネ、普通のメガネとさほど変わりないのですが花粉の浸入を防ぐ効果が高いと言われてます。

果たして本当に期待できるものなのでしょうか?


スポンサーリンク

花粉症メガネってどのようなメガネなの?

一言で表現するならば、花粉症メガネは花粉が目に入ってくるのを防ぐ機能があるメガネということになります。

普通のメガネと異なるのは、顔とメガネとの間に隙間ができないように施してあることになります。これにより、花粉が目の粘膜に付着することで発生する花粉症を防ぐことができるのですね。

花粉症メガネの機能って?

花粉症メガネは、飛散する花粉が目に入ることを防ぐことにその意味があるのですが機能面でも様々な工夫が施されています。

花粉のカット率は98%までになり、さらに花粉ばかりではなく黄砂やPM2.5・紫外線に対しても効果があります。また、レンズには特殊なコーティングをしてありメガネの曇りを防ぎます。

63c2025b589c6758d696067db34dd6ee-300x200 花粉症ですがメガネの効果ってあるのですか?

花粉症メガネのタイプってあるの?

さて、花粉症メガネにはどのようなタイプがあるのでしょうか?

まず、度を入れることができない花粉症メガネと度を入れることができる花粉症メガネに分かれます。それに加えて、効果を高める為に自分の顔に合わせてメガネの幅や角度が調整できるものなどがあるようです。

もちろん、子供用の花粉症メガネもありますので安心ですね。気になるお値段の方は、3900円(度なし)~11900円(度付きくもりどめ)くらいになるようです。

参考サイト:http://www.jins-jp.com/functional/kafun/

スポンサーリンク

普通のメガネではダメなの?

花粉症が気になるとはいえ、普段普通のメガネやサングラスをかけている人、あるいは花粉症メガネを常に掛けたくない人もいますよね。普通のメガネって花粉症に対して全く効果がないものなのでしょうか?

実のところ、普通のメガネやサングラスであっても掛けていることで、飛散する花粉の浸入を50%?60%くらいは防ぐことができると言われます。どうしても花粉症メガネを着けたくない場合には普段のメガネであってもある程度の効果はあるということになります。

花粉症の対策に、マスクをしていることは当たり前のようになりましたが花粉症メガネを掛けていればより安心することになるかもしれないですね。

毎日が仕事や学業に集中したいことが多い人にはどうやら必需品でさえあるようです。このように、花粉症になってしまう前に予防しておくことは必要なことだと言えるでしょう。

スポンサーリンク

    スポンサーリンク

    コメントを残す