ビジネスシューズ 日本製のおすすめブランドは?

ビジネスシューズはその見た目からの印象とは異なり消耗品として感があります。それ故に長持ちすることなどを考えて購入する方もいることでしょう。

ところでビジネスシューズの選び方ってあるのでしょうか?今回はそのような初心者の方も考慮しながら、日本製ビジネスシューズのおすすめブランドを紹介してみましょう。

ビジネスシューズの選び方

dcba6f3639cb1ca835a626d5b05ec62a-300x199 ビジネスシューズ 日本製のおすすめブランドは?

参考サイト:https://www.regal.co.jp/kutsu/style/

履きやすい靴を選ぶ:ビジネスシューズはもちろんのことながら運動靴のように歩きやすいものではありません。仕事中雨の中でも歩きやすいようゴム底のものを選んでみてください。革底と比べてかなり歩きやすいと思います。

紐靴を選ぶ:マナーとしてですがフォーマルな場所に出席する場合には紐靴でなければいけません。フォーマルというのはお葬式あるいは祭事のことです。

デザインを選ぶ:靴のデザインは、仕事上のどのような場面でもオーケイであるプレーントゥあるいはストレートチップをおすすめします。

靴の色を選ぶ:たいていは黒色か茶色で選ぶと思いますが、黒色を選ぶと良いと思います。茶色はカジュアル感があったり、スーツのコーデの難しさがあったりしてビジネスシーンで使いこなすのが難しいものです。

靴の素材を選ぶ:本革の場合、靴の手入れをマメにする必要がありますので慣れない人にはちょっと面倒だと思います。手入れが割と簡単なコーティングした本革を選ぶと良いと思います。

靴の価格を選ぶ:革靴には安いものは1万円以下、高いものは10万円くらいまであるようです。仕事のみに使用するのであれば1万円~3万円くらいでいいのではないでしょうか。

ビジネスシューズ日本製:おすすめブランド

リーガル:プレーントゥ2236NAEB


リーガル 型押し加工の革底プレーントウ 「リーガルの定番」
dcba6f3639cb1ca835a626d5b05ec62a-300x199 ビジネスシューズ 日本製のおすすめブランドは?

リーガルでは定番的な存在のプレーントゥ2236NAEBです。グッドイヤー・ウェルト製法というもので作られており、長い時間履いていても足に負担がかかりにくいように工夫されています。価格も2万円くらいですので大丈夫でしょう。

リーガルUチップ 706RBH


リーガル グッドイヤーウエルト式製法のUチップ
dcba6f3639cb1ca835a626d5b05ec62a-300x199 ビジネスシューズ 日本製のおすすめブランドは?

同じリーガルでもお手入れいらずのこちらのUチップは、毎日の通勤にはピッタリです。
高級感があるのにオールシーズン履けるのが素敵です。
交換や返品がOKで返送にかかる送料も無料なので、気軽に購入できますね。

スコッチグレイン:プレーントゥ

dcba6f3639cb1ca835a626d5b05ec62a-300x199 ビジネスシューズ 日本製のおすすめブランドは?

スコッチグレインのビジネスシューズも割と知られてますが、プレーントゥーはビジネスにカジュアルにも使用できます。これもグッドイヤー・ウェルト製法で作られていて履きやすさがあります。価格は3万円くらいです。

SARABANDE:プレーントゥレザーシューズ_mns

dcba6f3639cb1ca835a626d5b05ec62a-300x199 ビジネスシューズ 日本製のおすすめブランドは?

SARABANDEのプレーントゥレザーシューズです。こちらもビジネスの他にフォーマルに使用してもオーケイです。価格は1万円以下となっています。

ABCマート:ステファノロッシ ビジネス LN S-TIP ロングノーズ ストレートチップ SR01135 NERO

dcba6f3639cb1ca835a626d5b05ec62a-300x199 ビジネスシューズ 日本製のおすすめブランドは?

ステファノロッシの人気のビジネスシューズです。低反発素材のインソールを使用するなど、履きやすさの面でも使いやすいビジネスシューズです。価格は1万円前後となっていてお手頃だと思います。

スーツセレクト21:プレーントゥドレスシューズ041-BL

スーツセレクト21のプレーントゥシューズです。ビジネスにもフォーマルにも使用でき、ビジネスシューズとして活躍できそうです。こちらはマッケイ製法で作られており、グッドイヤー・ウェルト製法と同じく履きやすいと思います。価格は1万円くらいです。

ビジネスシューズはオシャレであることを優先してしまうと歩きにくいことがあったりもします。一年中朝から晩まで履くことも考えて選ぶ方が良いと思います。また、手入れをマメにすることで見た目がずいぶんと違いますので長く履けるものです。

スポンサーリンク

    スポンサーリンク

    コメントを残す