医療事務への転職は資格なしだと難しい?

社会人にとって転職はつきものだと言えますが、現在何らかの理由で医療事務への転職を考えている人がいるかもしれません。

実際の仕事内容はまだよくわからないとしても、求人募集としては割と人気ある職種なのです。
ところで医療事務に就くためには資格なしだと難しいのでしょうか?


スポンサーリンク

医療事務の資格は必要?

医療関係の仕事で、実際に医療事務の求人内容を見てみると、資格なしでも募集はしているようです。

独占資格や国家資格とは異なり、医療事務の資格は認定資格に当たり、簡単なものであれば1ヶ月~2ヶ月ほどで取れるというところに理由があるのでしょう。

医療事務の仕事は長期で働けることを要求されます。その理由には、2年毎の診療報酬の改定などがあって長続きできなければならないことがあります。

その為採用側は、資格の有無よりも、実務経験があったりやる気や人柄の方を重視することになるようです。

資格そのものよりも長期的に働ける要素を持つ人柄の方が大切にされるようですね。

582a913b9cd091afae3d6e0f2f91497a-300x199 医療事務への転職は資格なしだと難しい?

医療事務の資格にある知識

医療事務の資格で得る知識について誤解されてしまうのが、医療事務の資格運営会社や専門学校などのHPによく見られる一定の文言だと思います。

それは医療事務の資格を取れば即戦力となれるというものですが、どうやら現場には当てはまらないようです。

うたい文句などに見られる資格による知識に関して、実際には医療事務の仕事の内容の中では基礎部分に過ぎません。

資格の知識は実務とは掛け離れたことが多く、実際に経験を積まなければ身に付けられない知識はたくさんあって、本当に必要とされるのはそれらの知識になります。

医療事務の資格は何のためにあるの?

では医療事務の資格は何のために必要なのでしょうか。

資格の知識は基礎部分であると述べましたけど、その基礎部分の中に含まれているのが専門用語などの基礎知識なのです。

例えば、現場では正確な専門用語などの基礎知識がなければPCに正確なデータの入力ができませんし、入力した後の結果が出てきてもそれを正しく読み取ることができないでしょう。

さらにはカルテの読み取りや薬の名称の読み取りなどにも繋がっていますので、結果として何か大きなミスの発生が起こるようなことがあれば大変なことになります。

この部分が医療事務の資格の中に集約されているのです。

スポンサーリンク

面接では今の職歴での経験をアピール

ここまで医療事務への転職は資格なしだと難しい?についてお話してきました。

以上ざっと述べましたが、医療事務の資格を取っていなくても求人がある理由、また資格はやはり取っていた方が良い理由の両方が理解いただけるかと思います。

そして資格の有無とは関係なく共通して求められているものは、実務経験であったりやる気と人柄であったりするという医療事務の仕事に必要な部分になるようです。

上記の事を理解して、医療事務の求人に応募すれば、あなたの採用はより近づくでしょう。

医療事務の資格講座は

転職はまだ先だし、やっぱり医療事務の資格に興味があるというあなたには
スクールをおすすめします。

ヒューマンアカデミーの医療事務講座(合格保証付き)
「合格保証」「給付制度」「就業サポート」までついて、
最後まであなたをサポートします。

まずは資料請求を。

ヒューマンアカデミー医療事務講座(合格保証付き)
582a913b9cd091afae3d6e0f2f91497a-300x199 医療事務への転職は資格なしだと難しい?

転職は心構えも大切なのです。

スポンサーリンク

    スポンサーリンク

    コメントを残す