花粉症が酷いのだけどレーザー治療はどうですか?

毎年襲ってくる花粉症。とっても辛いですよね

鼻水はジュクジュク、目はショボショボ
薬のせいもあいまって、勉強に集中できない、一日中ぼんやりとした感じ。たまりませんね。

なので、いっそ、花粉に触れないために外出しない、なんてことは、やっぱり出来ませんよね?

今、レーザー治療を検討しているあなたにとって、内服薬や点鼻薬は、一通り試した結果の選択肢なのでしょう。

スポンサーリンク

確かに、お薬は、同じものを使ううち、段々と効き目が感じられなくなってきますよね?
なので、別の何かにすがりたい、もう花粉症で悩みたくない、という気持ちで一杯ですね。

一言にレーザー治療といっても、成功例失敗例、様々あります。

100%満足がいく完璧なものなんてありませんので、
花粉症が酷いのだけどレーザー治療はどうですか?というあなたに、
何を知っておくべきか、何を覚悟するべきかご紹介しましょう。

f5ddb3c8d2973deae2f982b852e04283-300x224 花粉症が酷いのだけどレーザー治療はどうですか?

信頼できる医師や施設を探す

レーザー治療は保険適応ですので、一般的に施術を行っている医師が多くなってきているでしょう。

しかし、医師にも得手不得手がありますので、実績のある医師に任せるのが一番安心です。
あまり実績の少ない医師では、心もとないですね。

麻酔

レーザー治療にあたっては、初めに麻酔の処置から入ります。

人によっては、麻酔が効いていない場合もあるようですので、麻酔があまり効いていないなら、医師に直ちに述べるのが正解です。

麻酔が効いていないことを言いそびれることで、あなたが後々痛い思いをすることになります。

不快な匂い

人によっては、言い知れない不快な匂いに襲われる人もあります。
鼻の粘膜を焼いているので、その匂いですが、不快でたまらない人もいることは、知っておきましょう。

鼻水が止まらない

施術の後、鼻水がしばらく止まらなくなる人もいます。数日で止まるようですので、我慢ですね。

スポンサーリンク

痛み

施術の日の夜くらいから痛みが出てくる人がいます。
粘膜を焼いているのですから、当然考えられることですが、痛みの感じ方も人それぞれですので、
これも覚悟が必要でしょう。

花粉症の薬

医師によっては、次の花粉の季節の前から、内服薬をすすめるケースもあるようです。

施術したのに?と思うかも知れませんが、施術が100%でない場合の保険的な意味もあるかも知れませんし、
目の症状のためかも知れませんので、医師とよく相談するべきですね。

レーザー治療を受けた人の60~70%の人が満足しているというデータもありますが、身近な人や家族と相談してから
決めるといいでしょう。

ここまで花粉症が酷いのだけどレーザー治療はどうですか?についてお話してきました。

あなたの症状が少しでも緩和されますように

スポンサーリンク

    コメントを残す