仕事が辛い!新人営業の女性にアドバイスお願いします

営業職に就いて、仕事が辛い、
楽しくないと感じる女性
もいますよね。

それは、新人ならば、なおさらのことでしょう。

仕事が辛い!新人営業の女性に
アドバイスお願いします

では、そんなあなたに、営業職の
楽しさ
をご紹介しましょう。

スポンサーリンク

人間関係

プライベートの人間関係は、自分が好きで
選んだ人間関係が
ほとんどですよね。

例えば、自分と気が合うとか、
趣味が合うなど、同じ傾向を持つ人
ばかりかも
知れません。

つまり、その人間関係は、多少なり偏って
いるという可能性も
否定できないでしょう。

dda59b27643370d490b4afbc3e80dfea-300x200 仕事が辛い!新人営業の女性にアドバイスお願いします

ところが、仕事上で得られた人間関係には、
自分でバイアスをかけることはできません。

営業職ならば、どの人が、上お得意様や
顧客になってくれるか分かりませんから、

相手を選ぶことなどできないというのは、
なおさらですね。

つまり、プライベートでは、人間関係を自ら
せばめてしまう可能性が高いですが、
営業職だと、今まで知りえなかった人
たちとの人間関係ができる
可能性だって
十分あるのです。

中には当然、イヤなタイプの人もいる
でしょうが、
逆に、尊敬できるような相手と
知り合えることだって
あります。

営業を通じて人間関係を広げることで、
学べることは、きっとたくさんあるはずですよ。

スポンサーリンク

営業職の良いところは、成績や歩合によって、
インセンティブがつくところでもありますが、
それ以上に、人間関係が広げられる
ということに、
最大のメリットがあります。

中には、営業を通じて知り合った人に
スカウトされて、他社に転職するという人も
いるぐらいですので、それほど、営業は、
将来的にいろいろな可能性を含んだ
職業
であるということです。

そのうち、きっと、お客様や顧客から、
ありがとう」と言われる日がやってくるでしょう。

人と人とのつながりほど、価値のある
ものはないのかも知れませんね。

可能性

営業が辛いと感じているうちは、まだ、
楽しいことや嬉しかったことに遭遇して
いないのかも
知れませんが、営業職には、
いろいろな可能性が秘められています。

今はまだ辛いと思っていても、将来的には、
営業で良かった、天職だったかも)と
思えるようになっているかも知れません。

自分の適性は、自分ではなく、
周りに認められることで分かる場合
だってありますよ。

ですので、自分目線で辛い営業の仕事も、
周りから見ると、ピッタリだなと見られている
かも知れません。

辛いと思っていると、仕事に足が向かなくなる
こともありますので、うまく気持ちを切り替えて、
自分の適性を探る目的で、ただがむしゃらに、
目の前の仕事をこなす
という姿勢も大切です。

その後に、きっといい結果がついてきますよ。

スポンサーリンク

    スポンサーリンク

    コメントを残す