仕事に不満がある時にやってはいけない3つの行動とは

仕事をしていたら、いろんな不満は必ずあるもの

例えば、上司の言い方が気に入らないとか、無理な仕事や無駄な仕事を押し付けられるとか・・・
特にサラリーマンの場合、組織の中で働いていますので、周りとの不必要な摩擦は避けなければなりません

では具体的にはどういった事案を避けなければならないか。

仕事に不満がある時にやってはいけない3つの行動を上げてみました。

スポンサーリンク

不満を口にする

何で自分がしなければいけないのかとか、他の人にやらせればとか、こんな仕事無駄だとか、
いわゆるネガティブな言動です。

あなたがネガティブな言動をすることにより、そうかこれは無駄だったかと、相手が思い直してくれることは、まずありません。

それよりも真っ先に、あなたの株が、一気に下がります

こんな仕事も出来ないのかとか、何を頼んでも不平不満しか返ってこないとか・・・

これでは、あなたに仕事を頼む人も少なくなりますので、結果、あなた自身の行動により、
他人を排除してしまうことになってしまいます。

気が付けば、誰も仕事の話をしてこない、ひとりぼっちになっていたなんてことがないように、
出来るだけネガティブな発言は避けたいですね。

9125d23189b6185b649fd8aad36eba2b-300x200 仕事に不満がある時にやってはいけない3つの行動とは

顧客にキレる

例えば接客業の場合、無理な注文を言ってくる、困ったお客様もいるでしょう

でも、だからといって、お客様にキレては絶対にいけません

あなたは、会社を代表して接客しているわけですから、困った問題も、難なくクリアしたいものです。

お客様にキレてしまうと、あなただけでなく、会社全体が顧客の信頼を失うことになります。

あのお客様だから、しょうがないとは、上司も味方してくれませんよ

あなたがキレてしまうと、結果あなたが不利な立場に立たされることになります。

スポンサーリンク

感情のまま行動する

仕事がキツいとか、残業が多いとか、業務がハード過ぎるとか、上司や同僚に対する不満もいろいろあるでしょうが、
感情の赴くまま行動する→安易に転職するのは、やめましょう。

転職した結果、余計に給料が下がったとか、労働時間が思ったよりも長かったとか、また何かしら不満は出てくるものです。

仕事は結婚と一緒かも知れません。

完璧は絶対にありませんので、どこかしら不満な点に、目をつぶっていると、案外いいものに見えてきます。

ですので、一時の感情に流されず、周りを見回して、冷静に仕事をこなしましょう

仕事上で不満がない人は、きっといませんので、不満をうまく解消する方法を見つけた方が、あなたの人生において、
とてもプラスになりますよ

問題に直面したときにこそ、あなたの大人度が試されるのでしょうから。

スポンサーリンク

    コメントを残す