結婚するには貯金がいくら必要?20代が知りたい!

結婚することになったのはいいけれど、
金銭的にちょっと不安が・・・。

結婚するに当たっては、
一体どのくらいの貯金が必要なの?

―結婚は一生に一度の大イベント
ですので、どうしてもそれなりに、
お金がかかってしまいます。

結婚するには貯金がいくら必要?20代が知りたい!

スポンサーリンク

そこで、お金に不安のあるあなたに、
結婚するには、どのくらいの貯金が必要か、
ご紹介しましょう。

結婚するには貯金がいくら必要:100万円前後

結婚情報サイト「マイナビウェディング」の
アンケート結果では、結婚式に要した費用は、
200~250万円が最も多く、
次に250~300万円、150~200万円
と続くようです。

bc68d9d0bb943a17b8969a08279c151b-300x209 結婚するには貯金がいくら必要?20代が知りたい!

結婚式は、挙式・披露宴のどちらかのみ
する場合と、両方ともする場合、また、
お料理や引き出物など、細々したところで、
総額が随分と違ってくる場合がありますので、
いろいろシミュレーションしてもらって、
納得のゆく金額で収めるのが良いですね。

それにもちろん、結婚に際しては、結婚式
以外にもいろいろとお金がかかります。

スポンサーリンク

新婚旅行、新生活の準備費用

例えば、新婚旅行、新生活の準備などですね。

まず、新婚旅行にかける費用の平均
約60万円で、それにお土産代が
結構かかります。

これだけでも、まとまったお金が必要に
なりますので、結婚式の費用と合わせて
考えておきましょう。

参考サイト

新生活:インテリア、家具、家電

さらに、新生活に必要なものとして、
インテリアや家具、家電などが挙げられますね。

これらの相場は、それぞれ約40万円
前後というデータがでていますので、
こちらも計上しておくのが良いでしょう。

他には、幾分かの予備費です。

全てのお金を出し尽くしたら、
一円も残っていなかったというのでは、
新生活が不安ですよね。

スポンサーリンク

こういったまとまった金額の合計を
一度出してみて、総額どのくらい
必要か見てみるのですが、
これらの
金額全てを、自分達の貯金でまかなうか
と言えば、そうではありません。

結婚式に参列して下さった方々からの
ご祝儀もありますので、必要な合計金額
から、ご祝儀を差し引いたものが、

差し当たって必要なお金になると
いうわけです。

さらに、この必要なお金から、両親の
援助を差し引いて、
残った金額を、
二人で出し合うのが一般的でしょう。

親からの援助の金額も把握しておく

ちなみに、親からの援助は、両家折半
して合計50万円以下
というのが
一番多い(約4割)ようです。

結婚に際して、あなたたちが負担する
お金にも関わってくることですので、
実際にどのくらい両親から援助して
もらえるのか、
それぞれの両親とも、
きちんと話し合ってみるべきでしょう。

また、本当に必要な貯金額の目安
になりますので、残った必要金額の
分割割合も、
二人できちんと決めておく
方が良いですね。

参考サイト

スポンサーリンク

    コメントを残す