やりたい仕事が見つからない20代女性へのアドバイス

仕事をしなければいけないと分かっていても、
これといってやりたい仕事がない・・・。

そもそも、自分には、
何が向いているのかすら分からない。

私は一体、これからどうしたらいいの?

―仕事を探すのは、確かにとても難しいことです。

その人の適性がどこにあるのか、
その人自身ですら、分からないものです。

では、やりたい仕事が見つからなくて困っている
20代女性のあなたに、アドバイスをしましょう。

スポンサーリンク

学生時代

大学や高校で興味のあった
分野・領域は何でしたか?

それすらもないなら、学部は何学部でしたか?
そこに一つの方向性が見つかる場合があります。

自分では、あまり興味のない学部だったけれど、
仕方なく受かってしまったから
そのまま大学に進んだという人もいるでしょう。

そうした場合、その後やりたいことが
見つからない
ということが出てきます。

0161681414f9f10ee473377b20329cdc-300x200 やりたい仕事が見つからない20代女性へのアドバイス

また、とても興味を持って大学に
進学したけれど、実際に入ってみると、
自分の想像とは違う勉強内容で、
がっかりしてしまい、その後、進みたい
方向性を見失うという人もいます。

でも、いずれにしても、
あなたが進んできた道は、確かに、
あなたにとって縁があった道なのです。

ですので、あなたの学んできた領域に
関連する仕事を見つけるのが、

本来の姿でしょう。

飛び込んでみた結果、あなたが気に入って
続けられる何かが見つかるかも
知れませんよ。

スポンサーリンク

全く知らない分野

学生時代には、全く縁がなかった領域に、
思い切って飛び込んでみるのも一つです。

学んできた勉強とは全く道が違うけれど、
華やかな業界にあこがれて、アパレル関係に
足を踏み入れるという人もいるでしょう。

採用選考に受かるかどうかは、
今後のことですが、前々から少しでも
あこがれがあった世界に目を向けてみるのも、
確かに一つの方法ですね。

飛び込んだ結果、想像とは違っていたと
後悔することになったとしても、自分が好きで
選んだ道ですから、
納得がゆくはずです。

無駄な時間を過ごさない

大学を卒業したら、
すぐに就職するのが一般的でしょう。

やりたい仕事がないからといって、
何もしないで、ただだらだらと時間を
過ごしていたのでは、
ますます就職
しづらくなってしまいます。

スポンサーリンク

時間は、いつまでも待ってはくれません。

やりたいことがやっと見つかったけれど、
就職浪人の期間が長すぎて、
採用されなかったというのでは、悲しいですよね。

就職する際には、誰でも履歴書を書きます。

履歴書は、立派なあなたの職業の歴史
なのですから、無駄に過ごした時間も、
当然、履歴書に表れてきてしまいます。

それに、あれもこれも長続きしないで転職を
何度も重ねてみても、
社会では、キャリアを
積んできたという風には決して見てくれません。

ですので、自分の履歴書を、堂々と
誰にでも見せられるようにしたいものですね。

自分が向いていないと思っている仕事でも、
いざ仕事を始めてみたら、
案外長続きしたということもあります。

好きだから向いているとは限りません。

実際、趣味と実益を兼ねている人の方が、
圧倒的に少ないのが現実でしょう。

ですので、あなたの得意分野に飛び込むのが、
一番はずれがないでしょう。

スポンサーリンク

    コメントを残す