アレルギー性鼻炎でも仕事や授業を休むのはNG?

一般的にアレルギー性鼻炎では会社や学校をお休みし難い風潮があります。
そしてほとんどの方が、少々の事ではお休みしないのではないでしょうか。

アレルギー性鼻炎は、鼻汁が詰まったり、だらだらジュルジュルと水に近い鼻汁が出てきます。
これはかなり苦痛で辛く、当事者でなければ分からない事です。

周囲に多少の迷惑を及ぼしていると知りながら、職責や試験前の大事な授業では、
マスクやそれなりの防備をしてでもお出掛けし、お休みを取らない方が多いと思います。


スポンサーリンク

この背景には、アレルギー性鼻炎が個人差、季節及び場所によって症状にばらつきがあるからなのです。
これよって、休みを取るボーダーラインに曖昧さがあるためと考えられます。

アレルギー性鼻炎を侮ってはなりません。無理をすれば治るものも慢性化の恐れがあり、長い人生に対し、支障を来たさない様、早めの対処療法の休みを取ることです。

では、私自身の体験を含めアレルギー性鼻炎時の休むボーダーラインを見ていきましょう。

e3362c1646b757960b07af559c82d5b7 アレルギー性鼻炎でも仕事や授業を休むのはNG?

アレルギー性鼻炎でお休みを取る5つのボーダーライン

1)発熱37℃は休む。這ってでも出かけると根性を持ってる方もいらっしゃるでしょうが、最悪38℃
を限界とし休みましょう。

2)会社、学校は集団生活であり、不快感を及ぼす鼻汁や鼻かみ等の頻繁な異音迷惑度を考え休みましょう。

3)特に、隣り合わせの近接した周囲の環境下では、相手の迷惑を考えて休みましょう。

4)出張等、特に、お得意様の訪問や接待は、アレルギー性鼻炎の症状はかえって商談を悪くする可能性もある為お休みしましょう。

5)自分がいなければすべて仕事は回らないと思っているのは勘違いであり、考えを改め、部下や同僚
を信頼し、仕事は任せてお休みしましょう。

とは言っても周りへの気遣い、仕事や授業の遅れを想定し、簡単には休む事が出来ないのが、正直な気持ちでしょう。
しかし、日頃の集団生活の中で、休む事の心苦しい負担を軽くし、休めるポイントがあります。
でもこれには多少の我慢や努力が必要かもしれません。

スポンサーリンク

アレルギー性鼻炎でも仕事や授業を抵抗を少なくして休める3つのポイント

1)グループの中で孤立しない心配り。少々自分としては受け止めらない行動や話でも、聞き上手になる。グループの中で言いたい事は、グループみんなの目線で言い方を考えましょう。

2)話の聞き上手になる。相手の話は最後まで聞き、言ってる内容を理解し、反対の場合は、まず相手
の言っている意味を尊重してから、別の意味もあるよと軟らかく話しをしましょう。

3)周囲から理解されるように努力しましょう。アレルギー性鼻炎発症に理解を持ってもらう様に会社や学校に話し、周囲の
助けが受けれるように説明していくのです。

アレルギー性鼻炎を融合してもらう努力

ここまでアレルギー性鼻炎でも仕事や授業を休むのはNG?についてお話してきました。
アレルギー性鼻炎自体は完治する病気ではありませんが、周囲への心配りで
あなたの日常が少しでも快適になるものです。

だから症状と上手に過ごしていきましょう。

スポンサーリンク

    コメントを残す