髭剃りで肌荒れしないシェーバーの使い方

男性は毎朝出勤する前に髭剃りをしなければならないのですが、この髭を剃った後で肌荒れを起こしてしてしまうことがよくあります。

カミソリを使ってもシェーバーを使っても、使用方法を間違えることが肌荒れの原因となっているようです。
肌荒れは不潔感に繋がることもあり、せっかくの髭剃りが無駄になってしまいます。

毎朝のことですから、出来ればスピーディーに髭剃り後がキレイだと良いですよね。

この記事では髭剃りで肌荒れしないシェーバーの使い方について調べてみました。

・ ・ サーフィンして気持ちよくなったことやし Night out します。 ・ ・ ・ #nightout #shaving #髭剃り

山中 海輝さん(@kaikiyamanaka)が投稿した写真 –


スポンサーリンク

肌荒れの原因

髭剃りの後で肌荒れが起きてしまうのは何が原因なのでしょうか?これは髭剃りの仕方が悪いことで肌が髭剃り負けをしてしまうのです。

皮膚の表面を強く擦ったり削ってしまったりして、皮膚が炎症を起こしているのです。ひどい場合には雑菌が入ってしまい、皮膚トラブルを起こしたりしますので注意が必要です。

フォームで髭を柔らかくする

電気シェーバーの使用にはローションやエマルジョンを使用します

シェーバーを直接使用すると肌へ負担がかかります。フォームをつけて予め髭を柔らかくしておけば、肌に負担を掛けることなくスムーズに剃れます。

髭が薄い人や肌が弱い人はジェルを使用します。髭が濃い人や髭が多い人はローションやエマルジョンを使用するといいでしょう。

カミソリの使用にはぬるま湯や蒸しタオルを髭に当てた後、泡立たせたシェービング剤を髭を覆うようにつけます。

こうすることで髭が柔らかくなりスムーズに剃ることができます。

正しい剃り方:電気シェーバー

ローションやエマルジョンで髭を柔らかくしてから、電気シェーバーを使用する時にはシェーバーを肌に90度の角度で当てるようにします。

剃り方は髭が生えている方向と反対方向に動かして剃ることです。シェーバーを早く動かしたりしないで、ゆっくり動かしながら髭を剃っていきます。


スポンサーリンク

正しい剃り方:カミソリ

ぬるま湯や蒸しタオルで髭を柔らかくしてから泡立てたシェービング剤を付けます。

カミソリの動かし方は髭の生えている方向に動かします。なので電気シェーバーの動かし方とは逆方向に動かすことになります。

肌に強く当てないようにして軽くスムーズに動かしましょう。

Unknown japanese safety razor

@oldkimonoが投稿した写真 –

髭剃り後のケア

髭を剃り終えた後は洗顔して付着しているフォームやシェービング剤など洗い流して下さい

洗顔後ローションや乳液などで肌を整えると更に良いでしょう。髭剃りの後でひりつきなどの皮膚の刺激予防をしておけば、肌荒れの原因を無くすことが出来ます。

ここまで髭剃りで肌荒れしないシェーバーの使い方についてお話してきました。

朝起きてから外へ出るまでの時間は慌ただしことが多くて、つい手抜きで髭を剃ることが多いものです。

しかし肌荒れを作ってしまうと見た目印象が悪くなってしまうのです。やはり正しいシェーバーの使い方をしっかりと覚えておきたいものです。

スポンサーリンク

    コメントを残す