風邪の治し方 鼻水を止めるにはどうすれば良い?

気付かないうちに風邪を引いてしまった!!鼻水が止まらない!!ずっと、鼻がズルズルいっているんだけど・・・。

鼻水を止めるにはどうしたらいい?職場では、恥ずかしくて、鼻をかんだり出来ないし・・・、という人も多いでしょう。

季節の変わり目や冷え込んだとき、体力が落ちている時などは、風邪をひきやすくなります。

スポンサーリンク

鼻水は、本来、体にウイルスなどが侵入してきた時に、それを排除する、いわば防御反応なので、小まめに優しく鼻をかむことが、一番良い方法なのです。

でも、そんなに悠長な事をしていられない仕事中に、鼻水を止める方法をいくつかご紹介しましょう。

e3362c1646b757960b07af559c82d5b7-300x200 風邪の治し方 鼻水を止めるにはどうすれば良い?

蒸しタオルを当てる

鼻はとてもデリケート。冷たい風が当たっただけで、鼻水が出るなど、敏感に反応します。

なので、蒸しタオルで鼻を温めてあげると、鼻水は和らぎます。

蒸しタオルを作る方法は、濡れたタオルを、レンジで少し温めるだけで出来る、お手軽なものですので、おすすめです。

温かい蒸しタオルには、リラックス効果もあるのです。

この方法を教えてあげたら、職場の同僚もきっと喜ぶはず。

でも、レンジを使う際には、くれぐれも火傷にご用心。

スポンサーリンク

ツボを押す

風邪を引いた時、ツボを押すと実は効果的に鼻水が止まります。

自分のツボを、優しく押してあげましょう。

まず睛明は、鼻の付け根の両脇にあり、迎香は、小鼻の両脇にありますので、とても分かりやすいですね。

ちなみに、大椎(だいつい)というツボは、首の後ろにあるツボ。首を前に倒したとき、首と背中の付け根に出る骨の下にある
ツボなので、こちらは、パートナーがいないと、押せません。

少しの水を口にふくむ

お水を少し口にふくむと、鼻水が止まるそうです。口にふくんだお水は、最後に飲み込むのです。

もちろん、お水が口にあるときは、しゃべれませんので、そこは気をつけて。何だか本当?と思う方法ですが、
信じる者は救われるのです。騙されたと思って実践してみて下さい。

うなじや体を温める

うなじにドライヤーを当てたり、温かいお風呂で体を温めたりすると、鼻水が止まります。

簡単に実践出来る即効性の高い方法です。ただし、火傷や、髪の毛の巻き込みにはご注意を。

ここまで風邪の治し方 鼻水を止める効果的な方法についてお話してきました。

仕事が休めないあなたの風邪と鼻水が早くおさまるといいですね。

スポンサーリンク

    スポンサーリンク

    コメントを残す