プロポーズから結婚までの費用が知りたい

社会人になれば、彼氏との結婚を
意識するようになりますよね。

そうなれば、結婚の為に必要な諸費用
について、
今のうちにきちんと知って
おきたいと思います。

あなたは、トータルでどれくらいの
費用になると
思いますか?

今回は、プロポーズから結婚までの
費用について、
お話します。

スポンサーリンク

プロポーズから結婚までにすることは?

プロポーズから結婚までの間(約1年間)には、
主に次のような事柄があります。

プロポーズから始まり、

  • 結婚の報告
  • 顔合わせor結納
  • そして挙式

ということになります。

-300x203 プロポーズから結婚までの費用が知りたい

上記の主な事柄の他に、

  • 結婚式場を探すこと
  • 結婚式場の予約(衣装・髪型・引き出物・料理を含む)
  • 結婚指輪を決めること
  • 二次会の用意&準備
  • 結婚式の進行設定の打合せ
  • ケーキの予約
  • エステの予約
  • 新婚旅行の準備
  • 新居の準備(家具・家電の購入)

などがあるでしょう。

スポンサーリンク

それぞれに掛かる費用はどれくらいかかるの?

婚約指輪

男性がプロポーズする際に必要ですが、
一般的には、10万~40万位の間で
購入することが多いようです。

結納・顔合わせ

結納の代わりに行なわれることが
多くなっている「顔合わせ」ですが、
レストランや料亭の利用を仮定すれば、
飲食費は6万位(1名7000円~10000円×6名)で、
その他に交通費&宿泊費・結婚記念品(任意)
などの費用がかかります。

一方「結納」の場合は、

  • 結納品(2万~5万円位)
  • 結納金(90万円位で男性の収入の2~3倍)
  • 結納返し(結納金の半額位・関西では1割位or無しが多い)
  • 結納の会食料金(6万~12万円位)

などの費用が発生します。

スポンサーリンク

結婚式の諸費用

結婚式の諸費用は、
いったいどれくらいになるのでしょうか?

  • 衣装(着数にもよる)
  • ヘアメイク
  • 料理
  • 演出
  • 引き出物
  • 会場
  • 季節

などを考慮すれば、350万円位が
一般的な費用とされるようです。

その他、結婚指輪が5万~10万円位です。

新婚旅行&新居の準備にかかる費用

最後に、新婚旅行と新居の準備費用を
考えてみたいと思います。

新婚旅行は、場所などによると思いますが、
40万位が多いようです。

新居は、「賃貸マンションの場合、敷金2+礼金1+家賃
で計算してみてください。

家具&家電の費用は、
50万位が目安となるようですね。

スポンサーリンク

費用が心配な場合はどうすればいいの?

結婚予定だけれど、費用について
心配があるカップルもいることでしょう。

結婚式の諸費用に関しては、諸内容の
選択や工夫次第で、全体で100万位は
費用を抑えることができるようですね。

また、平均して100万~200万位ですが、
親からの援助という形で不足を補うことも
あるようです。

費用について心配がある場合は、
抑えられるものがないか、今一度
見直してみればいいでしょう。

プロポーズから結婚までの諸費用について
お話しましたが、いかがでしたか。

恋愛から結婚までは短期間で進む
ことが多く、急に結婚資金を用意
することはできません。

そのような結婚事情を考慮して、
早くから貯蓄する方がいいのです。

費用の節約はもちろんですが、
準備をしていれば素敵な結婚式に
なることでしょう。

スポンサーリンク

    コメントを残す