好きと愛してるの違いとは?分かりやすく解説します!

○○君が好き」ということはよく言うけれど、
愛してる」って言葉は使ったことがない。

そもそも、「好き」と「愛してる」の違いって何なの?

―確かに、「好き」はよく使うフレーズですが、
愛してる」はあまり使い慣れないフレーズですよね。

スポンサーリンク

好き」という言葉は、照れながらでも言えそうですが、
愛している」という言葉は、そうそう簡単に、
言えるものではなさそうです。

では、「好き」と「愛してる」の違いをご紹介しましょう。

使い方

好き」という言葉は、「○○君の△△なところが好き
というように、相手に対する気持ちを、部分的に
とか限定的に、あるいは、軽い意味合いでも
使うことがありますよね。

074f599d4d1051a0b2ac9b198175f4ed-300x205 好きと愛してるの違いとは?分かりやすく解説します!

ですので、「好き」をもっと強調して、「大好き」とも
言うでしょうし、他には、「ちょっとだけ好き」という
表現も使われることがあります。

これとは逆に、相手のことが好きでなくなると、
嫌い・あまり好きじゃない」という言葉を使うことに
なりますよね。

スポンサーリンク

ですので、このように、「好き」という言葉は
日常的に使われて、気持ちを手軽に表現できる
言葉
と言えるでしょう。

一方、「愛してる」というフレーズを使うときには、
その人に対する気持ちの全てを表しますので、
もっと大きくて深い意味合いで使うケースが
多いでしょう。

ですので、「あまり愛していない・ちょっとだけ愛している
という言葉は使われません。

愛している」の言葉の裏には、その人の全てを
受け入れるような意味合いが
込められているのかも
知れませんね。

重み

好き」の反対は、「嫌い」ですよね。

この言葉を言われても、まだ何とかなるんじゃないか、
修復できるんじゃないかぐらいに、軽く受け止めて
しまうこともありますよね。

一方、「愛してる」の反対は、「憎む」です。

こうなってしまうと、もうどうしようもなくなり、
恐怖すら覚えて
しまいますよね。

スポンサーリンク

それだけ、「愛している」という言葉には、
深みと重みがあるのですね。

ある意味、「愛している」には、自分の全てを
相手に賭けるくらいの覚悟すら、感じさせて
しまう重圧を感じてしまいます。

好き」「愛している」の重みは、それぞれの
言葉を裏返してみると、その違いが
大きいことが分かりますね。

幅広い

好き」は、異性や同性の友人などを対象に
使われることが多いでしょうが、「愛している」は、
異性だけでなく、家族などに対しても使われます。

同性の友人に使うことは、ほとんどないでしょう。

このように、「愛している」という表現を使う相手は、
その人に関わる人の中でも、対象が幅広い
ということが分かりますね。

期間

お付き合いの期間がまだ短い異性が相手だと、
好き」という表現になるでしょうが、お付き合いが
長くて、恋愛の感情を越えた家族のような仲なら、
愛している」という表現になってくるでしょう。

このように、「好き」と「愛している」の違いは、
交際期間の長さも、関係しそうですね。

スポンサーリンク

    スポンサーリンク

    コメントを残す