ズルズルした関係は結婚出来ない!別れた方がいいの?

付き合って数年たつのに、彼は結婚しようと言ってくれない。

このままずっとこんなズルズルした関係が続くのかな?
どんどん年取っちゃうし!と不安でいっぱいの女子の皆さん、

ズルズルした関係は結婚出来ない!別れた方がいいの?

その関係を続けるべきか別れるべきか、
一緒に考えていきましょう。

スポンサーリンク

交際してから何年で結婚しているの?

交際スタートからどのくらいで結婚を意識するかという
あるアンケートでは、割合は少し違うものの、男女とも、
1年から2年未満が一番多く、
それぞれ28.9%、35.1%となっています。

そして、2年以上3年未満が2位、
3年以上4年未満が3位と続きます。

3年が結婚を考えるボーダーラインで、
5年以上になると結婚するタイミングを外しやすい
という意見も多数出ています。

78b5c7584310104dca8d4738fe8216d4-300x185 ズルズルした関係は結婚出来ない!別れた方がいいの?

どうしてズルズルした関係になるのか?

結婚とは、一緒に生活を共にしていくこと。
それだけなら、同棲と一緒ですね。

結婚と同棲の違いは、籍を入れるか入れないか、
言ってしまえばそれだけです。

ズルズルした関係が続いているカップルは
比較的同棲している割合が高いのが特徴です。

それは、男子にとって、同棲は、
とても都合のいい形態
だからです。

男子にとっては、同棲をしていれば、
彼女をデートに誘わなくてもいいからお金もかからない、
いつでも会えるし、自分の身の回りの世話もしてくれる、
籍を入れていないから責任もない…いいことづくしです。

子どもができさえしなければ、あえて面倒くさい
手続きをしなくても
このままでいいじゃないか、
そんな思いがズルズルした関係を続けてしまう
原因の一つとなっているようです。

スポンサーリンク

なぜ別れられないのか?

ズルズルした関係が続けば続くほど、結婚が遠のくことは、
あなた自身もわかっているはず。

では、どうして別れられないのか?
結婚を言い出せないのか?

それは、別れてしまったときの寂しさや、
次の彼ができないかもしれないという焦り、
本当に彼を愛していているなどの感情が
あるからだと思います。

でも、何も行動を起こさなかったら、
今のままズルズルした関係は
永遠に続いていくでしょう。

ズルズルした関係を断ち切る方法

1)結婚を意識させる

彼と本気で結婚したいと考えているなら、
彼に結婚を意識させる行動をとってみましょう。

結婚を意識するきっかけとなる行動に、

  1. 友人の結婚式に出席した
  2. 新婚家庭にお邪魔して結婚生活が羨ましく感じた
  3. 自分が弱ったときに支えてくれた

などが挙げられます。

1.はなかなかチャンスがないかもしれませんが、
2.や3..ならチャンスはあります。

特に、3.は、仕事で落ち込んでいる時や、
風邪をひいたときに、そばにいて
支えてもらったことが結婚を意識する
きっかけとなったと
答えた人が多くいました。

2)式場にさりげなく誘う

結婚式場は、大規模なブライダルフェアだけではなく、
気軽に足を運べる試食フェアやドレスの
ファッションショー、トークショーなどを行っています。

試食やトークショーのゲストを目的に誘ってみましょう。
結婚式場に足を運んだことがきっかけで
結婚を意識する男子も多いようです。


78b5c7584310104dca8d4738fe8216d4-300x185 ズルズルした関係は結婚出来ない!別れた方がいいの?

78b5c7584310104dca8d4738fe8216d4-300x185 ズルズルした関係は結婚出来ない!別れた方がいいの?

【マイナビウエディング】
78b5c7584310104dca8d4738fe8216d4-300x185 ズルズルした関係は結婚出来ない!別れた方がいいの?

3)話し合う

本気で、彼と結婚して子どもが欲しいと考えているなら、
しっかりと話し合う機会を持つべきです。

結婚の2文字を出して、キレてしまう彼や、
はぐらし続ける彼なら、こちらから決別しましょう。

いくら待っても結婚の可能性は低いでしょう。

まとめ

寂しい、次の彼ができないかも、私には彼しかいない…
などの負の感情は思い切って捨ててみましょう。

結婚は、よくタイミングと言われます。
タイミングが合わない彼とは、頑張っても
結婚できない可能性も大なのです。

もし、あなたが出産を考えているなら、
ここはシビアに将来を見つめ行動することをおすすめします。

固定観念にとらわれず、前を見て行動してください。
きっと素敵な未来が待っていますよ。

こちらの記事もいかがですか。



スポンサーリンク

    スポンサーリンク

    コメントを残す