夫を好きじゃないけど嫌いじゃない!離婚の理由になる?

結婚生活って、親と暮らしていたよりも長い時間、
旦那様と一緒にいることになるので、
それにはいろんなことがあるでしょう。

結婚前と結婚後では、当然ですが、二人の関係性も変わり、
お互いに対する感情も時と共に変わってきます。

最近、旦那にときめかないとか、嫌いじゃないけど
好きという感情もない、
だから離婚を考えることもある。

そんな人も、中にはいるでしょう。

スポンサーリンク

夫を好きじゃないけど嫌いじゃない!離婚の理由になる?

結婚前に思い描いていたものと、実際の結婚生活に、
大きな乖離がある場合、特に女性は、
こんな結婚のはずじゃなかった)と後悔し、
新しい生活に踏み出すべく、離婚を考えることになるのでしょう。

では、夫が好きじゃないけど嫌いじゃない!
という理由で離婚したい、
そんなあなたに、
そういう理由で離婚ができるか、お答えしましょう。

42329eedaed16ab24a97496d8455b2bb-300x200 夫を好きじゃないけど嫌いじゃない!離婚の理由になる?

離婚には2つの種類がある

まず、離婚には、大きく分けて、2通りあります。

1つ目は、お互いの承諾の上で成立する円満離婚と、
もう1つは、2人の話し合いがもつれて、
裁判にまで発展してしまう場合です。

まず1つ目の場合、あなたが提示した離婚の理由に、
旦那様が承諾してくれさえすればいいわけです。

もしくは、あなたの言う理由に納得がいかなかったとしても、
結果、旦那様にも離婚の意思があり、結果として、
離婚の約束ができればいいわけです。

スポンサーリンク

夫が離婚の理由に承諾すればOK

こうなれば後は、両親に離婚の報告をしたり、
役所の手続きや財産分与などの事務的な処理を、
2人で粛々と進めていくことになるでしょう。

ですので、この場合、離婚に伴う煩雑な手続きは
いろいろあるにせよ、離婚の話し合いにおいては、
第三者が介入しなくても進められることになりますので、
そんなに問題はないでしょう。

つまり、この場合の結論としては、こういうことが理由でも、
離婚が成立するということになります。

夫が離婚に応じない場合には

ですが一方、2つ目の場合、夫が離婚に応じない
ケース
ということになりますので、当事者である旦那様が、
その理由に、到底納得がいっていないということも
原因の一つということになりますね。

こうして、離婚話がもつれて裁判になった場合、
当事者にも理解されないような理由が、
果たして第三者である裁判官や弁護士を
納得させられるのか
ということになります。

この場合の結論としては、到底理解されないだろう、
認めてもらえないだろういうことになります。

スポンサーリンク

離婚話がこじれてしまった場合には

ですので、このように離婚話がこじれてしまった場合、
誰が聞いても納得させられるような理由や材料を
見つけておいた方が、あなたにとって
有利な展開になりそうですよね。

その材料としては例えば、夫の浮気とか、
DVとか、モラハラなど
です。

また、相手に非があるということで離婚を申し出る場合、
申し出る側のあなた自身は、
かなり真面目にきちんとしておくべきでしょう。

そうしないと、あなた自身にも非があることになり、
お互いもう一度話し合ってみてはと、
和解を勧められることにもなりかねません。

こちらの記事もいかがですか。



スポンサーリンク

    スポンサーリンク

    コメントを残す