社会人サークル!バドミントンがオススメの理由とは?

社会人になって仕事と家の往復。体が重いし運動不足。なにかやってみたいな、体動かしたいし。と思ったときにバドミントンを選択する人が意外と多いようです。なぜなのでしょうか。

バドミントンにあまり詳しくない私が、社会人サークル!バドミントンがオススメの理由とは?について深掘りしてみました。

スポンサーリンク

親しみやすさ

知らない人はいない国民的スポーツであるバドミントン。誰しもが必ず一度は遊んだ記憶があるはずです。それもそのはず競技人口が野球やサッカー、卓球などを抜いて、上位に君臨しているのです。

失礼ですが、かなり意外ですよね。正直、野球じゃないかと思っていました。華やかなスポーツを差し置いての競技人口の多さ。子供からご老人まで幅広く親しまれていますし、学校の授業や、部活動でも取り入れられています。

よく考えると納得の結果ですね。触れるきっかけは学生時代や、友人や家族と一緒になどが多いのではないでしょうか。そうやって経験を積んでいるので皆さんある程度は遊べますよね。

なのでいざ本格的にサークルに入ってみよう!と思った時、ちょっとは出来るし・・・と思うことができ、他のスポーツよりは若干ながらハードルが低く感じられる。

それに昔から遊んでいるので楽しい思い出も多く、それらの記憶が手助けになり、バドミントン=楽しい!という気持ちが社会人サークルでバドミントンを始めるきっかけとなるのかもしれません。

f34c0bf496ec12f88e3c2fb1e5bcdb7e-225x300 社会人サークル!バドミントンがオススメの理由とは?

自分のペースでやれる

遊びのときは、ラリーを続けてのんびり楽しむ雰囲気ですが、試合ともなれば一転し、スマッシュ飛び交う一見さんお断りですよ!な感じです。

初速で493kmがギネス認定されたそうですが、新幹線の最高速度が300km、ゴルフのドライバーショットの初速も300kmなので、体感したらどれだけ速いのか想像も付きません。

このようにゆったりタイプから、技術を追い求めて突き詰めることもできるのがバドミントンの大きな魅力の一つなのです。社会人サークルに所属する際に自分のペースやスタイルに合ったところを選択すれば良い訳です。

スポンサーリンク

爽快感

前述にあった高速スマッシュを受けるのは大変そうですが、自分で打つのはどうでしょう。最初からそこまで速くは打てないでしょうし、空振りすることもあるでしょう。

しかし、日頃のストレスを思い浮かべて思い切り振り下ろしたラケット。そのガットがシャトルをジャストで捕らえた時の爽快感。たまらないものがあると思います。

運動量もかなりのもので本気でやれば、球技のなかではバスケットに継ぐ二番手ということなのです。

コートの中を前後左右に激しく動き瞬発力も必要な、なかなかのハードなスポーツだといえるでしょう。

思いのたけをシャトルにぶつけて、いい汗をかく。終わったらビールとサウナ。社会人の気分転換、運動不足解消にはもってこいではないでしょうか。

バドミントンのその他の魅力としては、他のスポーツにも当てはまりますが、シングルでプレーできるということが挙げられます。

大人数のチームでプレイする競技だと、どうしてもミスをすると気負ってしまったり、萎縮してしまいませんか?次が怖くて仕方がなくなり、のびのびプレーが出来なくなったりしますよね。

その点バドミントンは自分の実力次第なので、勝負する際にペアの相手を気にせず気楽にできます。

ダブルスは仲のいい人がいるか、少し実力と自信が身について、チームにも馴染んである程度慣れてからでも遅くないかと思います。

レクリエーション感覚で始めるもよし、ダイエット目的でちょっと本気でするもよし、もっと突き詰めて自己を高めてがっつり優勝狙うもよし。やればやるほど深みにはまりそうなスポーツがバドミントンなのです。

押入れや倉庫に眠っているラケットのガットを張り直すいい機会かもしれませんよ。

スポンサーリンク

    コメントを残す