社会人が運動不足解消のために習慣化すべき事は?

女性や男性を問わず、社会人として働く大人のみなさん、日々日常の中で運動はしていますか?「毎日体を動かして働いているから運動は必要ないよ」と言う方は実は偏った体の使い方をしている可能性が高いです。

疲れた体を癒すために正しい方法で体をほぐしながら、適度な運動を始めてみませんか?

スポンサーリンク

運動不足解消のポイントは習慣化

様々な職場環境、家庭環境、日常生活・・・「運動不足」を解消するために努力は必要ありません。
もし努力をするとすれば、「毎日続けて習慣化」させること。

なぜ、習慣化が必要かというと、基本的には運動不足の原因は基礎体力と体の柔軟性に比例しているため、忙しい日とそうでもない日の運動量のバランスを整えるためにも適度な運動が一番効果的なのです。

日常的に忙しい社会人・サラリーマンの方や主婦の方まで、全体的な平均から見ても運動不足が根本的な原因とした健康被害の割合が高まっているのは事実であり、生活習慣病や、慢性的な身体的な痛みから解消するためにも適度な運動は必要です。

5c5dd9a55b79fcc53d4c8eba24632f55-300x200 社会人が運動不足解消のために習慣化すべき事は?

運動の目安はキツイ手前

適度な運動をするためにはどれくらいまでのワークアウトに体がついていけるのかという自分のキャパシティを知って、それを越えないちょっと気持ちいいくらいの運動量を目指すことでおのずとみえてくるはずです。

これはしんどい、これならいけるかな?とどこまでやったら疲れるのか?と言うのを把握しながら、あなた自身で目標を決めていきましょう!

もしそれが一人でやりづらいなと思われるなら、スポーツクラブやジムへの入会をおすすめします。自主的に運動をしようと思っていても、ついつい「今日は疲れたからまたにしよう」と何もしないまま、帰宅するというケースが多い人もいるのではないでしょうか?

スポーツクラブに投資するメリットとは

あえてお金のかかるクラブやスクール通いを始めて、トレーナーと目標設定をきっちりすることによって、「来月までにここまで頑張ろう!」とトレーナーと自分との間に目標ができるので、自分だけのことではないんだ!と責任をもって適度な運動に取り組めるようになるでしょう。

高い入会金や会費を払って通うため、自然と「元を取らねば!」という気持ちにもなりますよね。

スポンサーリンク

意識的にお金をかけずにコツコツ毎日できる人はこれ!

日常の中であなたが歩く歩数は何歩くらいでしょうか?歩くという行為自体、面倒であることは間違いないはず。
ちょっと近道して、できるだけ歩く距離を短くしたい・階段の上り下りを少なくしたい・重いものを下げる回数を少なくしたい・・・なんて楽しようという考え方の発想を変えてみませんか?

最近は自分が一日の中で動いた回数、活動量を記録して、自動的にスマートフォンと同期して可視化してくれるアプリなんて言うのもあったりします!「わざわざやる感!」があまりなく、気にせず楽に計測できるので、一日動いた量が増えていくたびにモチベーションも上がるはず!ゲームを楽しむ感覚で計測しながら、コツコツ運動してみてもいいかもしれません。

多くの社会人に共通する毎日のワークアウトは階段の昇り降り!

階段の昇り降りを意識的に増やしてみましょう。より時間をかけずに日常的にできる運動不足解消法が「階段の昇り降り」であり、平坦な道を歩くより、階段を昇り降りする運動はバランスよく筋肉を使えます。エネルギーの消費量も意外に多く、できるだけ階段を使う習慣があるかないかでは大きく変わってくるでしょう。2階分ぐらいであればそれほど大変でないし、自然と習慣にできるはず。

最後に

大事なのは自分の体について詳細を正しく知っておくこと。最近の体脂肪計は、体重、脂肪、筋肉量、基礎代謝について詳しく知れて、計測する機能もついているので、体重の増減だけでなく、体脂肪が減ってるかどうかや、筋肉量がどうかなどもわかるため、よりモチベーションにつながりやすいです。自分の体を知って、ポジティブにワークアウトを習慣化して理想の体をつくっていきましょう!

スポンサーリンク

    コメントを残す