社会人のパソコンスキル!おすすめの5つのポイントとは?

IT化がますます進む現代、どのような仕事についても
パソコンのスキルは必要です。

今は、スマホの普及で、情報収集などかなりのことが
スマホでできるようになっています。

あらゆることをスマホですませパソコンに触れる機会が少ないため、
大学生世代のパソコンスキルが落ちているといいます。

しかし、ビジネスの場ではスマホだけではやっていけません。

社会人として困惑しないために、以下のようなレベルまでは
パソコンのスキルをあげておきたいものです。
社会人のパソコンスキル!おすすめの5つのポイントとは?について
まとめてみました。

スポンサーリンク

1)タッチタイピングを習得する

タッチタイピングとは、キーボードを見ないで打つことです。
これができるとパソコン作業が格段に速くなります。

タイピングは技能なので、練習すればするだけうまくなります。

自分で練習するには、タイピングソフトを使うという方法があります。

無料のタイピングソフトやタイピングゲームがネット上にあります。

それらをダウンロードして、練習するといいでしょう。

また、実用的なタイピングの練習としては、チャットを使うという方法もあります。

発言しないと会話に参加できませんから、意識的に早く打とうとします。

実用的な変換や正確性も身に着き、チャットに夢中になれば、
長時間のタイピングも苦になりません。

fa3002c5f3a0b929324fbea827f19275-300x200 社会人のパソコンスキル!おすすめの5つのポイントとは?

2)ビジネスメールの送受信ができる

メールにもスキルがいります。

丁寧にわかりやすく書き迅速に返信する、それが基本です。

よく使う単語は単語登録、文章はテンプレート化し、
メールを書く時間を短縮します。

送受信メールのフォルダ振り分けを使ってメール処理を効率化すれば、
メールが行方不明になることを防げます。

また、常に送受信するメールの数を減らすことも考えます。

メルマガやメーリングリストの不要なものがないか考え、
早めに削除します。

スポンサーリンク

3)エクセルの基本操作ができる

基本操作とは、データ投入、基礎的な表計算ができるレベルです。
これができていれば、ひとまずは大丈夫です。

そこからさらに進んで表作成、グラフ作成、ワードへのグラフ添付
までできれば望ましいです。

関数の活用、データベース操作、Web、マクロ操作・VBA
までできると申し分ないといえます。

4)ワードの基本操作ができる

ワードで文章を作成できれば十分です。
さらに、エクセルで作成した図や表を貼ることができれば、
よりわかりやすい資料を作れます。

5)パワーポイントでプレゼン資料が作れる

プレゼンを強力サポートしてくれるパワーポイントは、ぜひ使いこなせる
ようになっておきたいソフトです。

基礎的な使い方に加え、より効果的に見せられるスライドを
作成できれば、一目おかれるようになります。

スポンサーリンク

    コメントを残す