他人との会話が面倒な私って問題ありですか?

社会人なので、仕事上やプライベートで、
いろんな人と話をしなければいけないけれど、
気が乗らない。

何だか最近、他人と会話することが面倒くさい。
こんな私って、問題あり?

スポンサーリンク

他人との会話が面倒なあなたへ

―確かに、社会人にもなると、
仕事関係も交友関係も人脈が広がるので、
他人と会話する機会は、学生の頃よりも
随分と増えますよね。

いろんな人と話をする分、興味のない、
面倒くさい内容の話も
出てくることもあるでしょう。

他人の会話が面倒だと思う、あなたの気持ちは、
至って正直なもので、ごく普通の感情でしょう。

それに、そういう気持ちは、
何もあなただけが感じているのではなく、
きっとみんな同じように思っているはずですよ。

5aa2e64317b1abc3ff7dd24c8aeb583e-300x200 他人との会話が面倒な私って問題ありですか?

感情を脊髄反射で出してはNGの理由

ただ、あなたと他の人が違う点は、
他の人は、興味のない話や人物であっても、
それを決して表情や言葉に出さず、
思っていることを心の中だけに
そっと隠しているという点です。

学生の頃ならば、自分の好き嫌いだけで、
人間関係を決められましたが、
社会人にもなると、そういうわけにもいきません。

なぜなら、プライベートの交友関係は、
あなたの好きな人ばかりになるように、
あなた自身が選んでできたものでしょうが、
仕事上の交友関係は、
あなた自身が望んでできた交友関係ばかりではなく、
会社を通してできた交友関係だからです。

プライベートとオフィシャルのあなたを使い分ける

なので、社会に出ると、
プライベートの自分と、オフィシャルの自分を、
うまく使い分ける必要性が出てきます。

それはなぜかというと、あなたが自分一人で
仕事をしているというケースでない限り、
何らかの形で、会社や組織に属しており、
あなたには、その組織に所属している
○○さんという肩書きが
できるからです。

スポンサーリンク

あなたの態度は組織の代表である

つまり、あなたが何らかの組織に所属している以上、
あなたは、その組織の代表として見られ、
あなたの言動いかんによっては、組織の他の人たちに
迷惑が掛かってしまう可能性を
はらんでいるというわけです。

ですので、いつも本音ばかりではいられない、
ある程度の制限が出てくるのです。

それが、いわゆる、本音と建前です。

本音と建前を上手に使い分ける

一般的に、大人は、本音と建前を、
うまく使い分けて
生きています。

確かに、友人などの交友関係では、
本音で話し合える仲でしょうが、
こと、会社がらみの交友関係だと、
必ずしもそういう間柄ではないでしょう。

うっかり口に出してしまった一言が、会社にまで
迷惑がかかる事態にまで発展するケースというのも、
そう珍しくはありません。

感情を露骨に表さない

ですので、本音と建前の使い分けは、とても大切で、
他人との会話が面倒であっても、
それを表情や言葉に出すのは、NGです。

問題ありというよりも、
社会人として、不適切ということになるでしょう。

スマートな社会人になるには、上手に本音と建前を
使い分けるスキルを
身に付けることをおすすめします。

スポンサーリンク

    コメントを残す