社会人は純粋な恋愛できない!やっぱり打算ありきだから?

学生時代に比べて社会人の恋愛は打算的だという人がいます。

打算的とは、物事をするにあたり、損得を考えて行うこと、という意味です。

スポンサーリンク

社会人が恋愛視点だけではダメな理由

打算的という言葉には、マイナスなイメージがあります。

計算高い、ずるい、不純だ、そういう感覚でしょう。

しかし、よく考えてみると、人はほとんどの場合、損得を考えて行動します。

恋愛だけが、それと無縁でいられるでしょうか?

社会人の恋愛が、学生の身分である人から見れば
打算的に感じられるのは、なぜでしょうか。

a9039e181af7d70041da0703de9f1952-300x200 社会人は純粋な恋愛できない!やっぱり打算ありきだから?

純粋に恋愛だけでいい時代

学生時代の恋愛はただ恋愛を恋愛として楽しんでいられます。

生活費を稼ぐ必要はなく相手も自分もただ
そのときを楽しめればいいというのが学生の恋愛です。

「好きだ」という感情さえあればいいのです。

好きだという感情だけで行動できる恋愛は他のものが入り込んでいません。

ですから、純粋ですし何より素晴らしいものに思えます。

恋愛小説や恋愛映画に登場する恋人たちが
あのように美しく見えるのはその純粋さゆえです。

しかし、それは一種のおとぎ話、学生時代の短い間だから可能なひとときの夢です。

社会人になるとそれは変ってきます。

スポンサーリンク

結婚が視野に入ってくる

社会人の恋愛が打算的に見えてしまうのは、
そこに「結婚」という現実が否応なく入ってくるからです。

結婚とは、二人で生活をともに築いていくことです。

結婚すれば、二人の間に子どもが生まれてくることも考えられます。

親族や近所の人たちとの社会的なつきあいも不可欠です。

そうなれば、好きだという感情のほかに「お金」が必要になってきます。

社会人の恋愛の基板は生活力

生活力がなければ、結婚生活は築いていけません。

生活力とは、仕事をして日々の糧を稼ぐ力であり、
日々の家事をこなす力であり、子どもを育てていける力であり、
周りの人々とうまくやっていける力です。

相手にその力があり、自分と共に家庭を築いていけるか、
それを見極めようとするのが社会人の恋愛です。

いくら容姿が美しく恋愛相手として楽しい人でも
結婚にむかない人というのはあります。

働くのが嫌いだったり、金銭にルーズだったり、
男女関係のモラルに欠けていたり、といった人と結婚すると
結婚生活は悲惨なものになります。

学生時代の日々の行動は、お金を稼ぐということとは基本的には無縁です。

しかし、社会人になると、どのような言葉で飾るにせよ、
「お金を稼ぎ、生活をしていく」ということが一番の基礎になります。

恋愛もそれと同じです。

スポンサーリンク

    スポンサーリンク

    コメントを残す