社会人は趣味の時間がない?スキマ時間で簡単に増やす方法!

今現在の日本国内全体を蔓延しているストレス社会において、がんばる社会人が自由に趣味を楽しむ時間をつくるのは大変です。人生は一度きり!仕事が終わったら本気で趣味に没頭する!その方が公私ともに上手くいくこと間違いありません。

スポンサーリンク

工夫しだいで時間は作れます、効率的に動いて時間を見つけ、自分の趣味を思いっきり楽しみたいものです!
本気で公私ともに充実させたいなら、今よりもっと無駄で必要のない時間を減らさなければなりません。

没頭できる時間をつくるためには??

15e5b8c93966505d81b892eef803a995-300x200 社会人は趣味の時間がない?スキマ時間で簡単に増やす方法!

家でダラダラしてしまいがちなことを把握する

もっともみなさんが無駄な時間を使っているとしたら、それはTVとネットサーフィンではないでしょうか。目的を持ってTVをみたり、ネットサーフィンをすることが大事です。

TVなら、興味がある番組を予約しておく。ネットサーフィンなら、チェックしたいことや調べたいことを決めて、調べる。それ以外を見始めるとそれだけで一日が終るということもよくあるのでは??まずは無駄な時間を省いていく習慣をつけないと趣味に使う時間は少なくなっていく一方です。

スポンサーリンク

5分、10分の細切れ時間を無駄にしないこと

時間を見つけるときあなたはどれくらいの時間を集中してとろうとしていますか?タスクマネージャなどのアプリで予定を作成する時も、30分や1時間単位で時間を取っていませんか?

まとまった時間というのは、どうしても平日は難しく、結局「忙しくて時間がない」と諦めていないでしょうか?スキマ時間を探して効率的にやりたいことをやるには、朝の5分や10分といった時間を毎日習慣的に活用していくことで時間に対する意識は変ります。

短い時間でも有効的に。1日10分でも、1週間で1時間以上となります。
スキマ時間は余裕を持って見つけるのがコツ。時間管理をきっちりしすぎるとかえって大変です。

平日の夜は休む時間を決めてしっかり休もう

活動する時間と同じくらい、休む時間をとりましょう。なんとなくやダラダラで活動するよりも、きっちり時間をわけて休むことで仕事も集中できます。休む時間をカレンダーにあらかじめ登録して必ず休むという習慣をつくることが大事です。

意識して休むことで、無駄な休み時間をなくせます、意外に出来ていないという人は多いはず。

まとめ

一日の中には、まとまった時間とスキマ時間が存在します…オフィスや自宅でも、まとまった時間をとれればそのときに集中、毎日5分、10分といったスキマ時間を見つけて少しずつやれば負荷もありませんし時間も有効に使えるでしょう。公私ともに充実させられるよう、手順を追って計画的に趣味を楽しみましょう!

スポンサーリンク

    スポンサーリンク

    コメントを残す