社会人の恋愛!みんなの出逢いのきっかけは何だったの?

恋愛の終着点の一つは結婚ですが、結婚相手の大半は半径3メートル以内にいる人という統計があります。出会いの上位は、同じ会社や職場、サークルや趣味が同じ、学校やクラスが同じだった、アルバイトが一緒だった、幼なじみ・近所、友達の紹介で75%なのだそうです。

スポンサーリンク

身近な人と結ばれやすい

近くにいる人と結婚する可能性が一番高いのだそうです。身近な人と付き合いたいとは思わないのが現実ですので、それでも引き合うものがあり、さらには嫌なところも受け入れられているので結果的に付き合ったという事なのでしょうね。

一番大きな点は考え方や価値観が近いというのは理由のようです。共通の敵(うるさい上司など)がいるというのも大きいですね。近くにいれば好意を持つということは普通にあります。

恋心は突然に

同僚とか友達が恋人に変わる瞬間は、唐突に現れます。努力の結果というよりタイミングが重要だと思います。双方が好意を持っていたとしても、恋人にしたいというタイミングが合わなければ結ばれません。

社内恋愛の失敗は、社内での立場や雰囲気を悪くするからです。だから避けたいので、慎重になるはずですが、それでも交際する場合には結婚まで行くケースが多いのでしょうね。

会社の同僚と交際したが結婚しなかったケースでは、一番多い理由は不倫だったそうです。

2a3e5cabfe482299cf7a58a7d1b8d643-300x201 社会人の恋愛!みんなの出逢いのきっかけは何だったの?

出会いは焦らず

社会人になると意外に出会いというのはありません。合コンは良いチャンスですが、合コンの出会いは、交際成功率は高いが短い期間で別れる可能性も高いのだそうです。

出会いが見つかりやすいという事は、まず付き合ってから判断しよう。と、思っているからです。成功率の高い合コンや婚活パーティーでは、別れのタイミングも意識しておく必要があります。むしろ付き合ってからが勝負ともいえます。

スポンサーリンク

友人の紹介は成功し易い

友達の紹介というのが多いのですが、夫婦(カップル)の友達同士という事で、共通の話題、親近感がわきやすいからでしょう。紹介してくれた友達が相性を考えてくれている場合も多いですよね。

恋愛のきっかけはドキドキからとよく言われます。心拍数が上がると脳が恋愛と勘違いするのだそうです。合コンや婚活パーティーでカップル成立率が高いのも、そのせいでしょう。

お見合いも受け入れる

現在は少なくなり、嫌われがちでもありますが、お見合いというのも悪くはありません。お見合いの場合は仲人が相性を考えてくれている場合も多いですが、まず付き合ってみようという気持ちで向き合うためドキドキも強いのでしょう。

もちろん、生理的に受け付けない場合も多いですし、過剰に猫をかぶっていることも多いですから、すぐに破たんすることが多いです。

何度も何度もお見合いする。ということを恥ずかしがってはいけません。お見合いするならたくさんするべきです。いずれにせよ、数撃つことが大切ですね。でも結局は身近なところに気づかない相手が待っているのかもしれませんね。

スポンサーリンク

    コメントを残す