社会人の語学留学!費用はどのぐらいかかるの?

社会人の語学留学、まずはじめにあなたの英語力を知りましょう!

社会人がさまざまな目的で海外へ留学して英語を学ぼうとした場合、一概に費用はこれ!といえることはまずありません。

スポンサーリンク

自分の英語力を把握する

あなたはTOEICを受けたことがありますか?だいたい何点くらいでしょうか?

また街角で外国人に話しかけられて、どの程度英語を話すことができるでしょう?

まずはあなたのレベルを客観的に知っておかないと、計画はうまく進みまないのではないでしょうか?

限られている時間とお金を使っていく社会人の留学、そんな制限のなかで人は最大限の力を発揮することができます。そう信じて、遊びではない本気なんだという気持ちが大きくなったとき初めていい結果が出るでしょう。

14ce64db27061f7e5d29b5b84ca05d40-300x200 社会人の語学留学!費用はどのぐらいかかるの?

「結果ではないそのプロセスを味わうために留学するんだ!」なんてことを考えているとその場しのぎにしかなりません。学生では得られない成果をもたらすためには、想像以上の集中力と努力が必要となります。休暇を利用して行く短期留学から、仕事を辞めて行く長期留学まで、目的や予算、期間などの条件から、あなたにとってベストな留学を計画しましょう!

スポンサーリンク

予算と日本での日常でかかっている費用を考えましょう

留学費用に頭を悩ませている人にまず伝えたいのは、資金力。どれくらいの予算を詰めるかどうかは重要です。ある程度予算があり、留学中もお金がなければ出来ません。

留学中は語学学校の授業料や生活費などが必ずかかります。物価が安い国、都市を選んだとしても生活するには最低限の費用がかかります。

まずは日本で生活する費用を一度洗い出して、留学先での滞在費用と比べてみましょう。留学を考えると1年間の予算の算出は必ずしなければなりません。

以下を例に考えてみましょう。

  • 宿泊費
  • 食費
  • 交通費
  • おこづかい
  • 渡航費
  • 海外保険
  • 通信費

どこの学校へ?なにを学ぶ?受講スタイルも考えましょう

大学か短大を選択使用している場合には私立か公立か、学校によって、あるいは専攻によって授業料が大きく変ります。

語学を学ぶ場合は、週に受講する時間や半日授業・フルタイムなどの選択によって受講スタイルも異なります。物価の高い国は比例して授業料も高め、物価の安い国は授業料も比較的安くなってくるようです。国ではイギリス>アメリカ>カナダ>オーストラリア>ニュージーランドの順に安くなるようです。

授業料は、安いから!という理由で飛びつかないことをおすすめします。
施設や授業の質が悪かったり、治安が悪い地域にあることもあります。

反対に高いから質の高い授業が受けられると思っていたら期待を裏切られたといったという事例も多くあります。学校選びは費用だけでなく、内容をよく確認してから選ぶようにしましょう。

スポンサーリンク

    スポンサーリンク

    コメントを残す