社会人でも勉強時間を効率的に確保する4つのコツ!

何かと普段から忙しい社会人が効率よく勉強するには、まずはスキマ時間を徹底して利用することが大切です。仕事で忙しく、まとまった勉強時間をとるという事は難しいはず。毎日の中で意外と何もしていない時間があると思います。通勤時間は典型的な毎日のスキマ時間でしょう。

例えば、毎日の通勤時間を考えて、電車内でも読めるようなノートを作成して、スキマ時間を埋めるなど、英語の勉強なら単語帳を作成しても効率的です。とにかく、毎日「必ず勉強する」という事が習慣をつくるために大切なポイントです。

スポンサーリンク

朝時間をうまく活用して勉強時間を確保!

社会人は毎日の仕事では何かと予定が入ったりして、家に帰ってから勉強するのは大変。早く帰って勉強しようと思っていても、なかなか難しい大人の事情や誘惑があるはずです。上司や先輩の誘いなら、参加しなければならないこともあるでしょう。

疲れてとても勉強できるような状態でない、なんて日もあります。しかし、そんなときは「朝時間」を有効活用しましょう。朝というのは邪魔が入りにくい時間なのです。だれかに誘われることもなく、寝た後で頭もすっきりしてるはず。

朝頑張って1時間早く起きてみましょう。そして1時間だけ、勉強するようにするのです。

f53475ab9fa7498a41a770d4c340955f-300x199 社会人でも勉強時間を効率的に確保する4つのコツ!

長続きの秘訣は毎日こなせるだけの量を計画すること

何をいつまでにどこまで進めるか?

計画は勉強を始める前にある程度決めておきましょう。計画せずに勉強を始めてしまうと長く続けていても、破綻しやすくなります。

やる気のある日とやる気がない日の差を埋めて、同じだけを毎日こなすことが大事。

毎日これだけは絶対やる!といったように計画を立てているとどれだけやる気がなかったとしても、なんとかこなせます。

スポンサーリンク

あなたが今日やるべきことを明確にする

なんとなく計画を立てることができたなら、毎日やることを書き出していきましょう。

毎日こなすことはできるだけスケジュール帳の時間枠に予定をたてておくなど、一つのタスクとしていつ?どこで?どれくらい?こなすのかを考えておくと習慣がつきやすくなります。

やることリストを作って、タスクを管理しましょう!スキマ時間も有効活用できます。

自宅・会社以外の第三のスペースを確保する

朝早起きして、準備を整えたらいつもより1時間早く家を出ましょう。
カフェに行って会社の出勤時間まで勉強すれば集中して1時間勉強できます。

この1時間をとれるかとれないかで、勉強の成果は大きく変わってきます。また、夜もできれば帰る前にカフェによって勉強してもいいでしょう、無理は禁物ですが。

そして、美味しい珈琲はどんなときもゆっくり飲むことで、気分も良くなります。

まとめ

社会人は学生よりもまとまった時間がとりづらく、短時間で集中する力が必要であるということがわかりましたね。事前にしっかりと計画して行動することで、自分の自信にも繋がりますし、目標を見失う確立はぐっと減るはずです!

スポンサーリンク

    スポンサーリンク

    コメントを残す