見た目と中身が違うと何故がっかり度が大きいの?

人って、見た目がとても大切ですよね?

特に、初めて会う人の場合、見た目でしか、
その人を判断する材料がありませんよね?

ですので、見た目によって、その人の人間性までもが
評価されてしまう可能性があります。

スポンサーリンク

見た目はその人の中身そのものなの?

では、見た目は必ずしも、その人の中身を
正しく反映しているのでしょうか?

―それは、人によっては、イエスの場合もあるでしょうし、
ノーの人も当然いますよね。

例えば、いつもピシッとスーツで決めているので
真面目そうに見えていた人が、実は、遊び人だったとか、

逆に、見た目が派手でチャラチャラしていても、
実は仕事一筋で、真面目だったとか・・・

このように、見た目と中身にギャップ(落差)を感じたとき、
人は違和感を抱き、時にはがっかりするケースもあります。

012d780c43c9d7245038ca2748114528-300x200 見た目と中身が違うと何故がっかり度が大きいの?

見た目の中身のギャップは何故起きるの

けれど、それは、どうして起きるのでしょう?

一つには、見た目がいい場合だと、きっと中身も優れているはずと、
相手が勝手に妄想してしまっているケースが考えられます。

例えば、見た目にきちんとした服装をしていると、
中身=性格・生活態度・人間性までも、
すべてがきちんとしているのだろう、

私生活もきちんとしているのだろうと、
素晴らしく思えてしまうことがあります。

つまり、期待値が大きいのです。

スポンサーリンク

見た目が良いほどがっかり度は大きくなる

ですが、その実、見た目の良さは、ただのファッション上のことで、
実際の性格はだらしなく、時間にもルーズで、

遅刻は平気でするし、約束は守らない
・・・などとなると、これはがっかりせざるを得ません。

ですので、見た目が良くて、中身がともなっていない、
中身が、外見から得られるイメージよりも劣っている場合、

また、その乖離の度合いが大きければ大きいほど、
がっかりする度合いが大きくなるパターンになるということになります。

がっかりギャップは殆ど覆らない

そうなると、一旦は他人から悪い風に評価されてしまうことになり、
また、その得られた評価を、その後に覆すことは、
かなり困難と言えるでしょう。

ですので、自分自身に関しては、他人によって
見た目から判断されるイメージと中身のギャップを生じさせないような
努力が必要ですし、

逆に、自分が他人を評価する場合、見た目から入らずに、
なるべく中身を見るようにする努力が必要です。

そうすると、自分が他人にがっかりされるようなことも回避できますし、
自分が他人から得られる情報で、がっかりすることも少なくなります。

また、その方が、不必要な固定観念や先入観が取り去られますので、
人間関係もスムーズにいく場合があるでしょう。

良いギャップを逆手に取って好印象になる

また逆に、このギャップを逆手にとって、有利な方向に導く方法もあります。

それは、真面目そうに見えて、実はとても面白い、
などという場合のように、元々の良いイメージの上に、
更に違う方向性の良いイメージが加わることです。

こうなると、相手のあなたに対するイメージは、
とても良いものとしてインプットされますので、
人間関係は、かなりスムーズにいくでしょう。

スポンサーリンク

    コメントを残す