社会人になって友達がいない人の特徴とは?

社会人では学生時代の友達と会うことがなくなってきます。仕事関連の同僚や取引先の人を友達と感じることも難しいでしょう。本当に友達を必要としない人は、自分に友達がいない事にも気が付かないかもわかりません。いないと自覚をもっている人は欲しいとおもっている裏返しかもわかりません。7つの理由から考察される社会人になって友達がいない人の特徴を見ていきましょう。

スポンサーリンク

友達がいない人の7つの特徴とは?

1.友達作りのための行動をしていない

必要性を感じていない。あるいは、下記の理由を言い訳にしてサボっている。

2.一人で楽しむことができる(好き)

一人で楽しむことは多いですが、これを誰かと共有しようと思うものです。一人で楽しめる者同士が一緒に楽しめば相乗効果で楽しめるのではないかと思います。

3.仕事が忙しい・時間が合わない

もっとも多い理由かもわかりません。年に一回でも数年に一回でも会えればよいですね。

e18860c3b3783651e18112547066362c-300x200 社会人になって友達がいない人の特徴とは?

4.恋愛や家族中心の生活

優先順位が高い人がいる場合は、友達は後回しになるのは仕方ありません。

しかし、愚痴を聞いてもらうときだけとか頼みごとがあるときだけ連絡を取るのは友達関係を長く続けるためには控えた方がよいかもわかりません。

5.口下手・会話下手

実際友達との会話に下手も上手もあまり関係ないので、言い訳なのかもわかりません。

スポンサーリンク

6.人見知りで初対面が苦手

きっかけづくりの点で困ってしまいますね。友達も相性が大切なので、仲良くなるかならないかを考えずに思い切って声をかけたいですね。

7.人間関係で疲れている

少なからず友達との人間関係も疲れますよね。だからこの理由も多いのではないかとおもいます。逆にいえば、ヒトを疲れささないという人にはたくさん友達がいるのではないかとおもいます。

利害関係に無いのが真の友達

その他にも自分中心的な理由もあります。友達に使う時間(あるいはお金)がもったいないと感じる人もいるでしょう。ネガティブ思考で動かない人もいるでしょう。仕事関係の付き合いで十分という人もいれば、恋人や家族のためを考えれば使う時間がない。という人も多いのだと思います。

しかし、利益や目的達成の面でメリットがないのに一緒に過ごそうと思える相手(友人)とは非常に貴重です。仕事で疲れた時や家族とうまくいかないときに、気晴らしに付き合ってくれる友達はとても大切です。

考えすぎて煮詰まって融通が利かなくなった頭を柔らかくしてくれるのも友人です。友達がいない人という他者への評価の場合、自己中心的な理由や、性格的な問題から友達を作れないタイプ、と思われているという可能性も低からずあります。

社内や取引先でこのような印象を与えていると仕事の面でも不利益となります。時間がないかもわかりませんが価値観の異なる友達を作る努力、違った価値観の人を友達として受け入れる度量を持ちたいものですね。

スポンサーリンク

    スポンサーリンク

    コメントを残す