結婚するにあたり夫の条件って何でしたか?

結婚と恋愛は違う」よく言われることですね。
恋人としては最高だけれど、夫としてはちょっと…という場合も多くあるようです。

それでは、結婚するにあたり夫に求める条件とはどんなものなのでしょうか?

スポンサーリンク

夫の条件 今と昔

首都圏を中心に結婚式場を手掛けるアニヴェルセルが、
2013年に20歳から37歳の男女1400名に行った調査によると、

結婚相手に求める条件は、

  • 1位 性格が合うこと 
  • 2位 思いやりがあること 
  • 3位 癒されること 
  • 4位 食事の好みが合う 
  • 5位 収入が安定していること

でした。

ちなみに、30年前のバブル時代の結婚相手の条件三高」(高身長、高学歴、高収入)は、
それぞれ、18位、23位、19位だそうです。

長く一緒に生活することを意識した、内面的な条件が重視されていることがわかります。
30年前の華やかな時代と違って、より現実味を帯びた堅実な答えとなっています。

e6c87e63a70d9cd30dfbcba6108ddc3b-300x199 結婚するにあたり夫の条件って何でしたか?

夫の条件プラスチェック!

随分堅実的になった現代の夫の条件。

しかし、結婚生活は、違う環境で育った二人が一緒に生活していくこと。
価値観や生活習慣など、なかなか譲れない点が合わないと大変なことになることも…。

①経済力プラス金銭感覚

なんといっても生活をし、子供を育てていくためには、経済力は必須です。
経済力があっても、稼いだお金をどう使うか、何に使うかがポイントとなってきます。

ここで、問題となるのが、金銭感覚の差。
何にお金をかけて何を削るか、人によって価値観は様々です。

男性は、一般的に見栄を張る生き物なので、
人に奢る、時計や車などにお金をかけるなどにお金を使ってしまう人も多いようです。

借金がないかもチェックするべき点の一つ。

一人暮らしなら許されることですが、家庭を持つとなると、
家族のためにお金を使えるか、自分の欲をどれだけ自制できるかがポイントとなってきます。

スポンサーリンク

②思いやりプラス家事能力

結婚は二人の協力が必須です。
最近では、共働きの世帯が、全体の60%以上になっているそうです。

一方、

家事は女性の仕事、夫は家事を分担するのではなく、手伝う

という感覚が男性の一般的な見解のようです。
そうなると、仕事に家事に子育てにと負担が多くなるのは女性です。

そんな時、いくら優しい言葉や感謝の言葉をかけてくれても、
家事を全くしようとしない夫には、やはりキレることもあるでしょう。

仕事をして疲れているのはどちらも同じと考え、
きちんと家事を分担する覚悟があるか否かは、かなり重要なポイントです。

一人暮らしを経験している男性は、家事ができる割合も高いので、こちらもチェックですね。

③性格が合うプラス価値観の一致

違った性格でも、お互いが補い合い上手くいくカップルは多いものです。

一緒にいて楽であること、癒されることはとても大切ですが、
それだけではうまくいかないのが結婚生活。

色々な価値観が違うと、衝突することも多く、
だんだん険悪な雰囲気になることもあるようです。

すべての価値観が一致することは無理ですが、お互い譲れない点については、
できるだけ価値観が一致する相手を選ぶことが、幸せを長続きさせる秘訣と言えるでしょう。


e6c87e63a70d9cd30dfbcba6108ddc3b-300x199 結婚するにあたり夫の条件って何でしたか?

e6c87e63a70d9cd30dfbcba6108ddc3b-300x199 結婚するにあたり夫の条件って何でしたか?
【ゼクシィ】日本最大級の結婚サイト 式場データ、フェア情報が満載
e6c87e63a70d9cd30dfbcba6108ddc3b-300x199 結婚するにあたり夫の条件って何でしたか?

まとめ

結婚にあたり、相手のことを色々チェックしているあなた。
その分、相手もあなたのことを色々チェックしているはず。

条件ばかり挙げていると、結婚が遠のいたり、できなかったりするものです。
結婚相手は何となく感じるものがあります。

その感覚を大切に、条件でなく、ちゃんと相手を見て結婚を決めましょうね。

スポンサーリンク

    スポンサーリンク

    コメントを残す