社会人の恋愛のきっかけは?色々悩みが多いって聞くけど

学生だろうと社会人だろうと恋愛の根本的な部分は同じです。

しかし、学生が基本的には同年代同士で付き合うのに対し、
社会人はその幅がぐっと広くなります。

学生時代のノリとは違う部分がいろいろあることを頭においておきましょう。

スポンサーリンク

1)恋愛最優先ではない

学生時代は時間の自由がききやすく、毎日でも会って、いつもいっしょ状態を
保ちやすいもの。

しかし、社会人になると「仕事」が占める割合が大きくなります。
これは男女を問わず同じでしょう。

仕事でのスキルアップのために時間を取られます。

まかされる仕事が大きくなり、責任も増してくれば、仕事がどんどん面白くなります。

仕事の時間と恋愛に使える時間を意識的に切り替える努力が必要です。

また、相手の仕事事情に思いやりを持つことも大切。

いつも「恋愛最優先」とはいかなくなります。

238a251d76126bb5a31c3fb82f0ecac8-300x300 社会人の恋愛のきっかけは?色々悩みが多いって聞くけど

2)出会いの機会を逃さずに

仕事場では出会いを見つけるのが難しい、という人も諦めずに。

ちょっとした出会いが、恋に発展する可能性は常にあります。

出会いは意識していればどこにでも転がっているものです。

気軽に声をかける、かけられるような状態に自分を持っていきましょう。

隣合わせた人に「暑いですね」とか「寒いですね」と挨拶をすることできっかけが生まれます。

別に下心というのではなく、そのひとときを楽しくするために挨拶から始めるということです。

その結果、話が弾んで意気投合すれば、次に進めます。

基本的に人は、誰かと仲良くなりたいと思っているものです。

とりあえずSNSやメール、名刺交換などで連絡先を確保しておきましょう。

スポンサーリンク

3)仕事関係での出会いには慎重に

仕事で出会う人に対しては、いきなりの告白などはタブーです。

最初はやんわり探りを入れてみて、脈があるかどうか見極めます。

あくまで仕事、という感じが崩れないようなら、早めに見切りをつけた方がいいです。

それでもなお押し通すというのは相手に迷惑がかかります。

気まずい雰囲気になって仕事に支障が出かねません。

4)既婚者の誘いは断固として拒否する

学生時代の恋愛と一番違うのは、ここかもしれません。

職場というのは「大人」が多いところ。
必然的に既婚者も混じっています。

大人の落ち着いた雰囲気、そういうものについふらっとするのはありえることです。

しかし、一時の気の迷いでその後、ごたごたに巻き込まれたり
人の恨みを買ったりはしたくないもの。

時には訴訟沙汰になって巨額の損害賠償を請求される可能性もあります。

フリンとは不倫。
倫理にも劣る行いということです。

倫理とは人の踏むべき道、そこをはずれるようなことをするべきではありません。

スポンサーリンク

    スポンサーリンク

    コメントを残す