コンタクトレンズは初めてなのでちょっと怖いのです

コンタクトレンズは便利そうだけれど、ちょっと怖い」と躊躇している方は多いと思います。それでは、コンタクトレンズは怖いのか検証していきましょう。

なぜ怖い?コンタクトレンズ

コンタクトレンズは、瞳に直接レンズをのせていきます。目に異物を入れるわけですから、初めての方は怖いと思うのは当たり前です。また、様々なトラブルを耳にする機会も多いために怖いと感じている方もいるでしょう。

しかし、それは、ほとんどが、間違った使い方をしている場合です。きちんと眼科医の診療を受け、あなたの目に合ったコンタクトレンズを作り、正しい使い方をしていれば、快適なコンタクトレンズライフが送れます。

コンタクトレンズの種類

コンタクトレンズには、大きく分けて、ハードコンタクトレンズとソフトコンタクトレンズがあります。ソフトコンタクトレンズは、更に、通常タイプと、使い捨てタイプ、定期交換タイプに分けられます。

人によっても違いますが、一般的に装着に違和感がなく、比較的慣れやすいのは、ソフトタイプです。ハードタイプは、慣れるまでに時間がかかりやすく、レンズがずれたり、ゴミが入って痛いと感じたり、いわゆる「痛い」イメージを持たれるタイプものです。

しかしながら、ほとんどの眼科医は、ハードタイプを勧めます。それは、目のトラブルが起きにくい、含水率、酸素透過係数がソフトタイプと比べ高いため、結果的に目に優しいからです。どうしてもハードは無理という人には、1Dayタイプを勧めることが多いようです。

720ed6d98ba9cd1eb735c2f99383abd6-300x200 コンタクトレンズは初めてなのでちょっと怖いのです

まず眼科に行こう!

コンタクトレンズは、ネット販売やメガネ店でも購入することは可能です。しかし、コンタクトレンズは、自分の目に合ったものを使用しないと、眼球を傷つけ、視力が低下したり、最悪は失明したりする場合もあります。

初めて作る場合は、必ず眼科を受診し、処方箋を出してもらいましょう。眼鏡店に併設されている眼科の中には、研修医がアルバイトとして勤務しているところもあり、いわゆる眼科専門医ではない医師もいます。

できるだけ、眼科専門医がいる病院を選択したほうがいいでしょう。
特に、ハードコンタクトレンズの場合、レンズのカーブが目のカーブと合っていないと、眼球を傷つけ思わぬトラブルとなるので要注意です。

正しい使い方をしよう

自分に合ったコンタクトレンズを使用していても、間違った使い方をしていると、角膜炎をはじめ、様々な目の病気になる場合があります。

特に、ソフトコンタクトレンズは、少し異物が入ってもそれほど痛みを感じず、長い時間装着しても違和感がないため、トラブルが多くなり、重症化しやすい傾向があります。連続装用OKだからと言って全く外さずにいたり、ケアが面倒くさいからと、手抜きしてきちんとケアしなかったりすると、菌が増殖し、そのまま装着すると瞳に移りトラブルを起こします。

ケアが面倒な人は、1Dayタイプを使うなど、自分のライフスタイルに合わせたものをチョイスしましょう。

720ed6d98ba9cd1eb735c2f99383abd6-300x200 コンタクトレンズは初めてなのでちょっと怖いのです

まとめ

コンタクトレンズは、きちんとした処方を受け、正しい使い方をすれば、視界が広がりとても快適なものです。購入後も、定期検診を受けるなど、あなたの大切な瞳のために、ケアを心がけていきましょう。

スポンサーリンク

    スポンサーリンク

    コメントを残す