社会人の恋愛!進展のきっかけは何?

出会いが少ないとお嘆きの社会人のあなた!そんなことはありません。

ただし、棚からぼたもちみたいな出会いを期待していては、ダメ。
誰もが「いい出会いがないかな」と思っているのが隠れた真実です。
そう思いながら、いまいち先に進めない、というのが本音。

だったら、そこで一歩踏み出す勇気を持った人に
出会いはやってくるもの。

一番身近な社内からきっかけづくりを始めましょう。

スポンサーリンク

まずは挨拶から

挨拶されて嫌な思いをするという人はありません。
日本人は知らない人になかなか挨拶をしませんが、
この際気軽に挨拶してみましょう。

気になる人がいたら、まず挨拶です。
挨拶は、「私はあなたに敵意を持っていませんよ」
ということを示す重要なコミュニケーションの手段です。

「おはよう」「こんにちは」「さようなら」
って別に言ったからどうなる、という内容重視の言葉じゃありません。
それなのに万国共通で挨拶の言葉があるというのは、
コミュニケーションの要だから、なんですね。

07a5d612e83ddfbf523565465dae385f-300x225 社会人の恋愛!進展のきっかけは何?

さりげなく明るく笑顔で挨拶してくれる、
それだけで、「あの人はなかなかいいじゃない」と好感度があがります。

だからといって、気になるその人「だけ」に挨拶するというのは考えもの。

他の人に対してはぶすっとしているというのでは
全体としての好感度が下がってしまいます。
裏表のある人ということにもなりかねません。

全体に気持ちよく挨拶をしつつ、
意中の人には一言言葉を付け加えてみるなどの工夫ができたら、ベストです。

スポンサーリンク

適度に姿を見せる

人間は誰でもよく会うものごとには親しみを持つものです。
コマーシャルがそのいい例。人だって同じです。

小さな会社で、同じ部署で、その人といつも会っている。
席がすぐそば、なんていうパターンばかりじゃありません。

そういう場合は相手の行動を観察して、
さりげなく姿を見せる工夫が大事。

社内の移動中にその人のいる部署の近くを通ったり、
社内食堂で近くの席に座ったり、いろいろ方法を考えましょう。

ただし、ストーカーちっくにならないように。
偶然を装って姿を見せる、これがポイントです。
相手が自分を認識してくれていたら、軽く会釈するのも大事。

さりげなく言葉をかける

挨拶を交わせるようになっていたら、
相手のことを観察して、
何か変わった点があれば、素直に言葉にしてみます。

服装や髪型、その日の雰囲気、何でもいいので、
声に出して言ってみます。

ただし、ネガティブな言葉はいけません。
最初は褒めるところから。

「髪型変えたの? 似合ってるね」
「そのネクタイいいですね」

そんなあたりさわりのないところから始めます。

恋愛だって始まりは日常から。
日常を大事にして、きっかけづくりに励めば、
出会いはどこにでもあります。

スポンサーリンク

    スポンサーリンク

    コメントを残す