社会人のおしゃれは髪型から!男性のパーマは大丈夫?

新しい環境や仕事場、人間関係。社会人としての生活に慣れてくると少し個性を出したくなりますよね。個性を出すのに一番手っ取り早いのは髪型!でもどんな髪型ならビジネスシーンでもOKなのでしょうか。そんな疑問を持つ社会人向けにビジネスシーンでもOKな髪型を紹介していきます。

スポンサーリンク

髪型でいい印象を!

社会人は自分の個性を出すためならどんな髪型にしても大丈夫という訳ではありません。まずは自分が企業の顔であるという自覚を持たなくてはなりません。初対面の相手でまず一番初めに見るところは服装や顔などではなく、髪型を見るそうです。それだけ髪型というのは個性を作りだし、相手にどんな第一印象を与えるのか左右する要素になるということなのですね。やはりその点を踏まえると、短髪の黒髪が無難でしょう。清潔感があり誠実な印象を相手方に持ってもらえるからです。

282bbeedb300a2a92ad6c5ca24c652f9-300x200 社会人のおしゃれは髪型から!男性のパーマは大丈夫?

しかし冒頭でも述べましたが、周りがよく見えるようになってきて後輩も増えてきた。そうなればやはりおしゃれに気を配りたくなってきますよね。プライベートだけではなく、職場でも個性を持ち出したいと誰もが思うはずです。個性をだしておしゃれはしたいけれどTPOをわきまえたものにしなくてはならない。職場では襟足が長かったり髪の色が明るかったりなど、相手に対して不快感を与えるような髪型はNGです。清潔感があり相手に良い印象を持ってもらえる。そんな髪型にすることを心がけましょう。

スポンサーリンク

業界によって違う

この髪形はOK、この髪形はNGというボーダーラインは職種や業界によってかなり違うようです。比較的ラフな格好が許されているIT業界系では自分の個性にあった自由な髪型にしている人が多くいるようです。私にもIT系の職種についている友人がいますが、髪型だけでなく髭を生やしていても問題ないと言っていました。それとは対照的に外回り営業が多いところや、取引先と多く接する業種ではIT系ほど自由はきかないようです。やはり相手方への印象が第一ということですね。

大きなくくりだと大まかなことしか述べることができません。どこまでならOKなのかという基準は結局それぞれの会社によって違います。一番手っ取り早いのはその会社に勤めている方々がどんな髪型をしているのか。そこからここまではOKだ!というボーダーラインを見出した方がよさそうですね。

社会人のおしゃれは髪型から!男性のパーマは大丈夫?はどうだったでしょうか?この機会にイメージチェンジをして社内にも取引先にもいい印象を持ってもらえるようなおしゃれな髪型にしてみてはどうでしょうか。

スポンサーリンク

    スポンサーリンク

    コメントを残す